ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロ(東京都港区)は20〜59歳1000人を対象に実施した「利用実態調査 音楽アプリ編」の結果を発表した。利用率が最も高い音楽アプリは「Spotify」(13.5%)だった。

 2位は「YouTube Music」(9.2%)、3位は「Amazon Music」(8.4%)と続いた。

 認知率は「Spotify」(35.8%)、「YouTube Music」(35.5%)、「Amazon Music」(25.5%)だった。利用経験率は最も高い「Spotify」で15.0%、その他で10%前後となった。3つのアプリはいずれも利用経験者の約9割が現在も利用をしており、利用以降の離脱が少ない構造となっていることが分かった。

 有料会員の割合を見ると、「Amazon Music」が55.7%で最多だった。2位は「YouTube Music」(29.0%)、「Spotify」(25.3%)と続いた。

●音楽アプリの重視点

 音楽アプリの重視点は、上位から「収録楽曲数が多いこと」(45.3%)、「操作がしやすいこと」(40.1%)、「価格が安い/無料であること」(39.8%)、「収録音楽のジャンルが豊富なこと」(29.0%)という結果だった。

 音楽アプリで聞いているジャンルを聞くと、「Jポップ」が61.3%で最多だった。「ポップス(その他)」(37.8%)、「ロック」(36.7%)、「アニメ・ゲーム」(24.6%)と続いた。

 調査は9月1〜5日、全国の20〜59歳を対象にインターネットで実施した。有効回答数は1000人。