フリーターが今後最も希望する働き方の1位は「正社員」(33.4%)――そんな結果が、マイナビの実施した「フリーターの意識・就労実態調査(2022年版)」で分かった。

 2位は「アルバイト・パート」(33.3%)、3位は「働き方にこだわりはない・その他」(15.8%)、4位は「独立」(13.2%)、5位は「契約社員・派遣・業務委託」(4.3%)だった。

 今後希望する働き方として「正社員」を選んだ理由を尋ねると、「雇用が安定しているから」(66.9%)が最も多く、「固定給が欲しいから」(66.0%)、「正社員のほうが福利厚生が充実していることが多いから」(61.1%)と続いた。同社は1年前にも同様の調査を実施しているが、「雇用が安定しているから」は前年比10.4ポイント増だった。マイナビは「雇用の安定性を重視し、正社員を希望する人が増加していることがうかがえる」とコメントした。

 リスキリング(学びなおし)の必要性を感じている人は59.4%で、必要性を感じていない人を上回った。必要と感じている理由の1位は「収入を増やしたいため」(58.1%)、2位は「自分ができる仕事の幅を広げたいため」(56.2%)、3位は「明確な理由はないが、不安を感じるため」(33.3%)だった。

 今回の調査は、4月25日〜5月2日にインターネット上で実施した。調査対象は、15〜44歳の男女(男性は既卒、女性は既卒かつ未婚のうち、パート・アルバイトとして働いている人)で、有効回答数は2609人。