福利厚生の食事補助サービス「Ticket Restaurant(チケットレストラン)」を提供するエデンレッドジャパン(東京都千代田区)は「ビジネスパーソンのランチ実態調査」を実施した。ビジネスパーソン全体のランチ代平均は439円、部長クラスでも平均564円となった。物価上昇がランチ事情にも影響を与えている実態が浮かんできた。

●物価上昇で家計が苦しいと感じるか

 まず「物価上昇により、家計が苦しくなっていると感じるか」と聞いたところ、84.2%の人が「感じる」と回答した(「とても感じる」36.2%、「やや感じる」48.0%の合計)。

 あわせて「各項目の物価上昇や値上げは、家計に悪影響を及ぼしているか」と尋ねると、91.4%の人が「食費」の物価上昇や値上げが家計に「影響している」と答えた(「とても影響している」52.2%、「やや影響している」39.2%の合計)。

 「物価上昇や値上げの影響で、現在節約をしているか」と質問すると、「節約している」(79.5%)、「節約していない」(20.5%)という結果になった。

 節約している人に節約項目を聞いたところ、1位は「食費」(79.2%)、2位は「光熱費」(53.5%)、3位は「交際費」(44.0%)となった。

●ランチ代に変化はあった?

 「勤務日に使えるランチ代に変化はあったか」と尋ねると、33.7%が「減った」と回答した(「減った」13.7%、「やや減った」20.0%の合計)。

 同時に尋ねた「ここ最近の勤務日のランチ代平均」は439円となり、部長クラスの役職者でも564円だった。

 次いで「勤務日にランチを食べないことがあるか」と聞くと、「ある」(23.7%)、「ない」(76.3%)という結果になった。「ある」と回答した人を性別・年代別で見ると「男性20代」(36.0%)が最多で、以降は「男性40代」(30.0%)、「女性30代」(25.3%)と続いた。

●「食費節約でランチ抜く」昨年から大幅増

 「勤務日にランチを食べない理由」を聞いたところ、「食費節約のため」(63.4%)、「食べる時間がないため」(51.4%)と回答した人が多かった。特に「食費節約のため」と回答した人は2021年12月の前回調査から、2倍近くに増加していた。

●物価上昇で必要な福利厚生は何か

 最後に「物価上昇が続く中、最も必要だと感じる福利厚生は何か」と質問すると、1位は「住宅手当・家賃補助」(27.5%)、2位は「通勤手当」(24.5%)、3位は「食事補助制度」(22.5%)となった。

 調査は全国の20〜50代のビジネスパーソン600人を対象に、22年9月2〜6日にWebアンケート形式で実施した。