カワサキモータース(以下カワサキ)が同社初の電動バイク(EVバイク)2機種と、ハイブリッドバイク1機種を、11月10日から伊ミラノ市で開催される二輪車の国際見本市「ミラノショー」で展示する。同月9日、同社が発表した。いずれもプロトタイプだが、同社製EVバイクの一般公開は世界初となる。

 同社の主力モデル「Z」「Ninja」を電動化に対応させた。モデル名は「ネイキッドタイプ(Z)」「フルカウル(Ninja)」。近距離での使用を想定しており、車体からの取り外しが可能なリムーバブルバッテリーバック(約12キログラム)を2個搭載している。バッテリー容量は最大3.0kWh。2023年の発売を目指す。

●ハイブリッドバイクも公開 24年発売へ

 同社はハイブリッドバイクも展示する。自社開発のエンジンシステムで電気モーターのみでの走行を実現し、燃費の良さと高い走行性能を両立。通勤通学からスポーツ走行やツーリングなど、走行シーンに合わせ、動力源の切り替えが可能だ。24年の市販化を目指す。

●電動3輪車、水素エンジンも展示

 同社はその他、社内の「ビジネスアイディアチャレンジ」から生まれた電動3輪ビークル「noslisu」(日本で23年春の発売予定)や、トップエンドモデル「Ninja H2」のスーパーチャージドエンジンをベースにした研究用の水素エンジンも展示する。

 ミラノショーは欧州最大級のモーターサイクルショーとして知られ、11月13日まで開催される。