職場でハラスメントを受けたことがある人は、どのくらいいるのだろうか。従業員10人以上の会社で働く20〜40代の男女に聞いたところ「なんらかのハラスメントを受けたことがある」と答えたのは34.8%であることが、識学(東京都品川区)の調査で分かった。

 「ハラスメントを受けた」という人を男女別でみると、男性34.2%に対し、女性35.6%。性別での違いはあまり見られなかった。ただ年代別で見ると、20代が32.3%、30代が34.0%、40代が37.8%と、年齢を重ねることでハラスメントを受けたことがある人が多くなる傾向がうかがえた。

 この結果について、識学は「年齢を重ねることでハラスメントに遭遇する機会が増えたからとも言えるが、ハラスメントの意識は以前よりかなり高くなっている。そのことで若い世代がハラスメントを受ける機会がやや減少傾向にあるのかもしれない」と分析した。

 ハラスメントを受けたことがある人は、どのような被害を受けたのだろうか。最も多かったのは「パワハラ」(71.0%)、次いで「モラハラ」(43.0%)、「セクハラ」(21.0%)と続いた。

 男女別でみると、1位「パワハラ」、2位「モラハラ」という順位に変化はなかったが、3位の「セクハラ」は男性が5.9%だったのに対し、女性は36.5%。4位の「アルハラ」は、男性23.0%だったの対し、女性は5.4%と男女で大きな違いが見られた。

●この行動はアウト!

 どんな行動が「ハラスメント」にあたるのだろうか。この質問に対し、「肩に触れる」(58.7%)が最も多く、次いで「酒をつがせる」(53.3%)、「人の服に触れる」(49.3%)と続いた。

 男女別でみると、「肩に触れる」をハラスメントだと思う男性は50.7%なのに対し、女性は66.9%。「やはり性別によって『肩に触れる=ハラスメント』という認識に差があるようだ」(同社)。「結婚しているか聞く」については、男性28.9%なのに対し、女性39.9%。「婚姻状況は女性側のほうがよりナイーブなようだ」(同社)。

 ハラスメントが起きた際、会社に報告したか聞いたところ「報告した」と答えたのは36.0%で、「報告しなかった」は64.0%。ハラスメントを受けた本人が、直接“仕返し”をしたことがあるかを尋ねたところ、「はい」と答えたのは20.7%だった。

 インターネットを使った調査で、20〜49歳のビジネスパーソン300人が回答した。調査日は10月24日。