ドミノ・ピザ ジャパンは、11月27日までの7日間限定で、「ドミノの¥100 WEEK!」を開催している。好きな1品を注文した人に、同じカテゴリー内でもう1品全てを100円で販売するキャンペーンだ。

 同キャンペーンの対象商品はピザ、ポテトフライ、パスタ、ピザサンドの全品となり、2つ商品を選んだうちの価格の低い方を100円とする。ピザはデリバリー限定で、パスタ、ピザサンド、ポテトフライはデリバリーも持ち帰りも対象としている。 

 ピザは、1枚目は全品・全サイズを対象とし、種類やサイズに制限は設けていない。100円となるもう1枚は、同じサイズならどのピザでも対象とした。

●販売数量を増やしたい狙い

 同社は10月に、1枚買うと2枚無料になる「デリバリーLサイズピザを買うとMサイズピザ2枚無料!」を開催。注文数が2倍になるなど大きな反響を得た。

 そこに続く形で実施したのが、「日本応援プロジェクト」だ。各社で値上げラッシュが続く中、ドミノ・ピザ ジャパンが値下げキャンペーンを繰り返す背景には、一部商品の単価を下げてでも商品全体の販売数量を増やしたい狙いがある。また、安い価格をアピールすることによって、新規顧客の獲得も狙っている。

 「日本応援プロジェクト」では「ドミノ・デラックス」、「マルゲリータ」「エビマヨネーズ」、「アメリカン」など商品を限定する形で値下げしてきた。

 今回の「ドミノの¥100 WEEK!」では顧客に選択の幅を持たせる形にしてある。値上げラッシュの中での、“値下げ戦術”は奏功するか。