中国向け訪日インバウンドマーケティング・プロモーションを支援するENJOY JAPAN(東京都新宿区)は、海外旅行を希望する中国在住の中国人を対象にアンケート調査を実施した。その結果、旅行先として日本は変わらず人気だが、コロナ前と比較すると、購入したい商品では「アパレル(衣類)」が「化粧品」を上回りトップを獲得するなど変化が表れていることが読み取れた。

 日本では2019年の訪日旅行消費の約4割にあたる1兆7700億円が中国人旅行客の消費額で、日本の訪日旅行消費には中国市場が重要な役割を占めている。中国国内の市民の間では早く海外旅行に行きたいという声も高まっていることから、中国人の訪日旅行解禁に備え、中国人の意識調査や情報収集方法、購入商品などについてコロナ前とどのように変化したのか調査を実施した。

 「海外旅行が解禁となった場合、どの国に旅行したいか」という問いに、最も多かったのは「欧州(ヨーロッパ)」(73.73%)だった。2位は「日本」(66.37%)で、3位に「米国(アメリカ)」(52.36%)、4位に「タイ」(49.04%)と続いた。1位の欧州はフランス、英国、イタリア、スペインなどを含めた合計のため、国別で見ると「日本」が最も高く、根強い人気があることが分かった。

 「日本への旅行の目的」では、「観光レジャー体験」(96.83%)が最も多かった。次いで「買い物」(84.43%)、「食事」(81%)と続いた。95%以上の人が「観光レジャー体験」を選択しているものの、8割以上の人が買い物も選択しており、コロナ前と変わらず「買い物」を旅行目的としている人は多い結果となった。

 「買い物」を選択した人に「日本で購入したい商品」について問うと、「アパレル」(89.06%)が最も多いことが分かった。次に「一般食品」(66.88%)、「化粧品」(51.88%)と続いた。19年の年次報告書(観光庁)では訪日外国人の81.9%が「化粧品」を選択しており、「アパレル(衣類)」は38.5%とそこまで高いカテゴリーではなかったことから、購入したい物に変化が出ていることが読み取れる。

●「RED」や「抖音(ドウイン)」をはじめSNSにも変化が表れている

 「購入したい商品を知ったきっかけとなったWebサイト、アプリ、SNSなどのメディア」では、中国版TikTokにあたる「抖音(ドウイン)」を挙げた人が64.06%と最も多かった。次に中国版Instagramとの呼び声が高い「RED」(59.69%)、3位に中国版のTwitter「Weibo」(56.88%)と続いた。

 19年のコロナ前は中国ナンバー1メディアであった「Weibo」が3位と、SNSプラットフォームの利用傾向にも変化が表れていることが分かった。

 商品情報を収集する際に、「どの情報源を最も重要視(信頼)するか」という問いで最も多かった意見は「企業Webサイト」(32.5%)だった。次いで「インフルエンサー」(25.94%)、「企業の公式SNSアカウント」(23.44%)と続いた。

 調査は中国の一線・二線都市に住む18〜60歳、571人を対象にインターネットにて実施した。期間は22年10月24〜28日。