LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は、2019年1月〜22年9月における「築30年超の流通物件の買取再販物件」のシェア推移に関する調査を実施した。その結果、「買取再販物件の多い駅ランキング」の1位は「越後湯沢」(新潟県)だった。

 「越後湯沢」はバブル時代にスキーリゾートとして人気が高まり、マンションが爆発的に供給されたエリア。バブル崩壊とともにスキー人気が低下し過剰供給状態に陥っていたが、それらのリゾートマンションが買い取られ再販されている。

 続く2位は、都心の主要駅に30分程度で行ける交通利便性や買い物利便性が高い「川口」(埼玉県)がランクイン。3位は渋谷などの主要駅に近く、住宅地が多いため治安が良い「三軒茶屋」(東京都)だった。

 なお3位に加えて4位の「恵比寿」、5位の「麻布十番」、10位の「目黒」など都心周辺のエリアは、以前からマンション供給が盛んで駅に近いこと、都心へのアクセスが容易であることなど、主に立地面での優位性がある。中でも築年数を経たマンションについてはリフォーム・リノベーションによって“再生”させ、居住する価値ならびに価格を高める狙いがあるものと考えられる。

●買取再販物件数、シェアともに増加傾向

 「築30年超の流通物件の買取再販物件数」を調査したところ、19年9月は824戸だったが、22年9月には1787戸と3年間で約2.2倍に増加していた。

 また、買取再販物件の市場シェア自体も19年9月〜22年9月の間で約1.5倍に拡大。特に22年は顕著で、19年から21年までは年間約1〜2%ずつの増加だったが、約4.6%の増加となっていた。

 同社はリノベーション済みの中古マンション購入が増えてきている要因を「自分でリフォームを業者に依頼するのはハードルが高いため、あらかじめきれいにしてあればすぐ入居できる。また、買取再販の場合2年の瑕疵保証がついており、不具合が発生しても原則として期間中は無償で修理してくれるので安心だ」と分析した。