スピンシェル(東京都文京区)が運営するオンライン接客ツールの「LiveCall」(ライブコール)は、初期費用・月額利用料を無料で利用できる「フリープラン」の提供を開始する。オンライン接客導入のハードルを下げ、全ての事業者におけるDXの推進、顧客接点の強化と商圏拡大を支援するのが狙い。

 LiveCallは2015年にサービスを開始したオンライン接客専用ツールで、リテール業界をはじめ、金融・行政・ヘルスケアなどの業界で顧客接点の創出とDXの加速を支援してきた。

 近年、新型コロナウイルス感染症の流行等により消費者行動が変化する中で、「オンライン接客」は重要な顧客接点として急速に広まりつつあるが、中小企業や小規模店舗にとっては導入する際の運用体制の構築や試験利用などの調整が必要になることが障壁の1つになっていた。

 そこでLiveCallは、オンライン接客導入のハードルを下げ、より多くの企業がオンライン接客を活用できるよう無料プランの提供を開始する。

 無料プランでは、これまで有料プランのみで提供してきた即時通話機能(ワンクリックで音声/ビデオ通話に接続し、その場でスタッフに相談ができる機能)などの利用が可能になり、シンプルな操作と設定のみで即日の提供が可能となる。

 無料プランのリリースに伴い、ブランドロゴもリニューアル。新ロゴは多業界のユースケースに対応してきたLiveCallの多様さを表現しているという。