帝国データバンクが調査した、上場する主要飲食料品メーカー105社の価格改定計画によると、調味料、ゼリー類や砂糖などを中心に175品目が12月に値上げすると判明した。2022年の値上げ品目累計は2万822品目、値上げ率平均は14%だった。

 23年の値上げ品目数は11月末時点で累計4425品目。同社は、「今月中にも計画ベースで累計5000品目に到達する見込みで、特に2月(3269品目)は今年10月(6699品目)に次ぐ規模の値上げラッシュとなる可能性がある」と指摘する。

 23年の値上げで最も多い食品分野は加工食品で、特に冷凍食品は今夏に続き3度目の値上げとなる。菓子(252品目)も、原材料やエネルギーなど製造コストの増加を背景に、再値上げの動きが加速している。ドレッシング、ソースなど調味料(1065品目)は、主に食用油価格の高騰などが響いた。

 酒類・飲料は949品目で、輸入ウイスキーやワイン、焼酎など主に酒類の値上げが中心だ。特に輸入洋酒は円安に伴う輸入コストにより大幅な価格引き上げを行う品目が目立つ他、国内製造品でも発売以来初の値上げとなる商品もみられた。