のりちゃん: タケシさん、弁護士ってめちゃめちゃ稼げるんですよね?

タケシ弁護士: う〜ん、一概には言えないけど、まあ稼いでる人もいるかな〜。

のりちゃん: 1番稼いでる人でどれくらいなんですか? 教えてくださいよ!

タケシ弁護士: まあ、おれのわかる範囲内やったら、教えるわ!

 弁護士で稼いでいる人には、所得1億円超えの人が490人いる。

 国税庁が発表している2021年(令和3年)の所得金額のデータによると、所得の分布は、

・所得50億円超え〜100億円の間の弁護士が1人

・所得10億円超え〜50億円の間の弁護士が4人

・所得1億円超え〜10億円の間の弁護士が485人

 となっている。

 ちなみに、プロ野球では、日本人の1億円プレイヤーは約90人。そう考えると、弁護士もなかなか稼いでる人が多いんじゃないかな。

 ただ、夢がある話だけでもない。所得が200万円以下の弁護士は1万4484人。これは弁護士全体の34.3%にあたる。

 15年前は所得が200万円以下の弁護士はほとんどいなかったけど、現在は二極化が進んでいるねん。その理由としては、2006年(平成18年)に新司法試験が導入され、弁護士の数が一気に増えたことも一因と言われている。実際に、15年前の弁護士数は2万5000人くらいやったけど、現在は約4万5000人もいるからね。

 弁護士の世界は、スポーツ選手と同じで、プロフェッショナルの実力勝負の世界。成果を出せれば所得1億円以上を稼げるし、成果が出なければ所得200万円を下回ることもある。夢がある半面、なかなか厳しい現実もあるんやね。弁護士になったあとも、成果をきちんと出せるように努力する必要があるんやで。

●結論・要点

【結論】

 所得1億円超えの人も、200万円以下の人もいる。

【要点1】

 弁護士のうち、所得が1億円を超える人は490人。

【要点2】

 一方、所得が200万円以下の人は1万4484人いる。

【要点3】

 弁護士の所得は二極化が進んでいるので、弁護士になったあとも努力していく必要がある。

この記事は、『おとな六法』(岡野武志/クロスメディア・パブリッシング)に掲載された内容に、編集を加えて転載したものです。

●著者プロフィール:岡野武志(おかの・たけし)

 アトム法律事務所 代表弁護士 第二東京弁護士会所属。高卒フリーター生活10年を経て、司法試験に合格。アトム法律事務所を創業し、グループ全国12拠点の法律事務所に成長させる。その後、2019年から法律をテーマにした動画配信を開始し、YouTube 国内ショート動画クリエイターランキング1位(2021年)、TikTok CREATOR AWARD 教育部門最優秀賞を2年連続で受賞(2021年、2022年)。現在のYouTubeチャンネル登録者数は153万人(2023年9月時点)。著書に『人生逆転最強メソッド』(KADOKAWA)がある。