ドン・キホーテが2023年11月に発売した「スニーカー心地のラクすぎビジネスシューズ」(4389円)が好調だ。23年12月〜24年2月の売り上げは予算比1.8倍で、現在も右肩上がりの状況だという。当初は130店舗だけで販売していたが、取り扱い店舗数は220店舗まで拡大(2月中旬時点)。ドンキにおける靴カテゴリーでは「大成功」といえる状況だ。

 開発の背景や消費者からの反響について、商品を企画したパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの月足義広氏に話を聞いた。

 ラクすぎビジネスシューズは「革靴のように見えるけど、圧倒的に軽くて疲れにくい、まるでスニーカーのような履き心地」を目指して開発された商品だ。デザインは全3種類あり、サイズはそれぞれS(25.5センチ)、M(26.5センチ)、L(27.5センチ)を用意した。

 軽量かつ伸縮性の高い合成皮革をアッパー(靴の底を除いた上の部分)に使用。靴底は軽くて弾力のあるEVA素材としている。EVA素材は樹脂素材の一種で、サンダルや長靴などによく使われている。こうした工夫で、一般的なビジネスシューズより軽い261グラムを実現した(Mサイズ、片足の重量)。月足氏は「一般的なビジネスシューズは400〜500グラム、一般的なスニーカーは300〜350グラムです。履いた瞬間に『軽い』と感じてもらえるように、スニーカーより軽くしました」と説明する。

 履き心地の良さを実現するため、どういった工夫をしているのか。

 靴底のEVA素材については、硬すぎると履いている途中に痛くなる。柔らかすぎると安定性がなくなるだけでなく、耐久度が低くなる。硬さと柔らかさの絶妙なバランスを実現するのに苦労したという。また、インソールは柔らかく厚みのあるタイプを採用。EVA素材とインソールのダブルクッションで、足の負担が少なくなるようにした。

●靴の履き口にも工夫

 靴の履き口にはストレッチ性の高いネオプレーン素材を使用している。こうすることで紐をほどかなくても、簡単に脱ぎ履きできるようにした。

 アッパーの合成皮革は伸縮性があるので、通常のビジネスシューズより足にフィットしやすいという利点がある。また、伸縮性のおかげでかかとを踏んでも割れにくいようになっている。月足氏によると、靴のコンセプトに合致するような伸びる素材を探すのに時間がかかったという。

 靴の伸縮性は商品の売りやすさにもつながっている。通常の靴だと、1種類で8サイズ程度を用意しないといけない。しかし、ラクすぎビジネスシューズは想定のサイズより大きい足の人が履いてもフィットしやすいといった特徴があるので、3サイズだけの展開でも幅広い客層に対応できる。超大型店と違い、棚に陳列可能な商品の数に限りがあるドンキに合った商品ともいえる。

 ラクすぎビジネスシューズは、いわゆるスニーカー底となっている。そのため、商品名を考える段階では案として「革靴に見えるスニーカー」も挙がったという。

●なぜ開発したのか

 ラクすぎビジネスシューズはなぜ開発されたのか。

 現在、「ビジカジ」(カジュアルなビジネスウェア)が普及しつつある。ドンキでも、「見た目はシャキ!」だが着心地は「ゆるッとラクラク!」をうたう「ゆるシャキジャケット」の販売が好調だった。ジャケットと同様のコンセプトのビジネスシューズが支持される可能性があった。

 また、普段はラフな格好で働いているが、大事な商談などのために、多くの男性が革靴を持っている。月足氏が既存の革靴に対する不満を調べたところ「痛い」「硬い」「擦(す)れる」「重たい」といった声が目立った。ビジネスシューズを持ってはいるが、こうした不満があるため普段は活用していないケースが多いことが考えられた。

 月足氏はドンキのブランド品コーナーを担当していたこともあり、もともと革靴が好きだった。「普段はTシャツを着て、スニーカーを履いているような人にも、気軽に革靴を履いてもらいたい」と考えたのもきっかけの一つだ。

 こうした背景もあり、本格的なビジネスシューズを敬遠してそうな20〜30代前半のユーザー向けに開発した商品だった。しかし、販売してみると40代が最も購入しており、次に多いのが30代と50代という結果に。30代以降の男性は「革靴をしっかり履こう」という意識が強いと考えていたが、その逆の結果となった。月足氏は「革靴のわずらわしさを取り去りたいと考えている人が実は多かったのではないか」と分析している。

 消費者の反響はどうか。ドンキには「履きやすいが蒸れやすい」「試し履きしたが、滑りやすそうなので断念した」といった声が寄せられている。今後は、通気性をよくしたり、本革を使った高価格帯の商品の開発などを考えているという。

 月足氏は同商品について「革靴が嫌いな人にぜひ履いてほしい」と考えている。大ヒットとなったラクすぎビジネスシューズはさらなる支持を得られるか。