カルビー(東京都千代田区)は、じゃがいもをスライスしたものではなく、フレーク状にしたものを成形して作った成型ポテトチップスである「ポテトチップスクリスプ」シリーズの包装形態をリニューアルする。従来は筒状だったものを袋へと変更し「クリスプ うましお味/旨味コンソメ味」を発売する。先行発売日は3月11日で、一般発売日は4月1日。

 同社は成型ポテトチップス市場の活性化を狙い、2016年8月にポテトチップスクリスプを発売。北海道エリアでの発売を皮切りに、順次販売地域やラインアップを拡充してきた。従来は筒の包装形態でSサイズ(50グラム)とLサイズ(115グラム)の2サイズを展開していた。

 成型ポテトチップス市場は成長を続けていたが、筒や缶より袋包装の商品で販売が伸びており、使用する資材の量を大幅に削減できることからリニューアルに至った。今回の包装形態変更により、使用する包材の重量は約8割減少する。

 発売する2商品は、製造工程でポテトチップスが割れにくくなる対策や味も追求。構想から約1年半を経て、リニューアルに至った。従来品では筒に入れるためにチップを整列する必要があったが、袋形態では整列が不要となり、味付け方法も改良。味のムラが少なくなり、より後味まで旨味を感じられるようになったという。