パイオニアは、5月13日にディスプレイオーディオ2機種を発表した。価格は、モニターが9V型の「DDMH-SF700」が9万円前後(税別)、6.8V型ワイドVGAの「DMH-SZ700」が5万2000円前後(税別)で、発売時期は6月を予定している。

 本製品は、スマートフォンの主要機能を車載機のタッチパネルや音声で操作できる「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。SiriアイズフリーやGoogleアシスタントの音声認識にも対応し、専用アプリ「CarAVAssist」でお気に入りのWebサイトをブックマークすればYouTubeなどの無料動画配信サービスを本機ディスプレイで楽しめる。

 「ハイレゾ音源再生(96kHz/24bit)」や、ハイレゾ音源をBluetoothで楽しめる「LDAC」に対応。圧縮音源などをハイレゾ音源相当にアップグレードする「マスターサウンドリバイブ」機能も備え、HDMI入力(1280×720ピクセル)にも対応する。「Amazon Alexa」を搭載しており、さまざまな音声操作やスマート家電もコントロール可能。本機専用「カロッツェリア スキル」を追加し、再生ソースの切り替えやイコライザー設定などのオーディオ操作を音声で行える。