手のひらサイズのコンパクトな「ジンバル付きカメラ」あるいは「カメラ付きジンバル」という「Feiyu pocket」。

 写真を見たとき、あれ? どっかで見たことある気が、と思った人も多いはず。2018年の12月に発売されたDJIの「Osmo Pocket」にそっくりだからね。

 Osmo Pocket登場後、勝手に握って気軽に撮れるジンバル一体型カメラがいくつも出てきたわけだが、その1つが今回いじってみたFeiyuTechのFeiyu pocketなのである。FeiyuTech直販サイトでの価格は3万2450円(税込み)。

●基本的な操作感はOsmo Pocketと同じ

 要するにジンバルが常に水平を保ちブレも防ぐことで、手に握って気軽に動画を撮りまくりましょうというカメラだ。

 その第一人者がOsmo Pocketだったのだが、2つの課題といえる点があった。1つは、レンズはもっと広角であるべきじゃないかということ。もう1つは三脚穴がないこと(別途アダプターが必要だった)。

 後発となるFeiyu pocketはそこを解決したか。頭に入れつつ使ってみたい。

 基本的な操作感はOsmo Pocketを代表とするこの手のデバイスと同じだ。

 赤いボタンは録画用。Mボタンはモードによって役割が変わるが、トリプルクリックすると180度反転して自撮りモードになるのはOsmo Pocketと同じだ。

 撮影モードは動画(電源オン時のデフォルト)、静止画、スローモーション、タイムラプス(ハイパーラプス含む)、パノラマ。タイムラプス時は三脚穴が便利。動画と静止画とスローモーションは電源ボタンを押すと切り替わる。

 タッチパネルで右端から左へフリックすると、全撮影モードが出てくる。

 下から上にフリックするとジンバル関連の設定が現れる。

 上から下にフリックすると各種設定。左から右にフリックすると再生する。まあこのへんはいくら画面が小さいとはいえ、もうちょっとミスなく操作できるといいな、というくらい。

 スマートフォンを使って細かい操作をする、カメラをどこかに固定して撮るといったときはWi-Fiでつなぐ。Feiyu pocketには三脚穴があるので便利だ。

 専用アプリを立ち上げ、カメラ側は録画ボタンを長押しするとWi-Fi接続が始まるわけである。

 一度つながればあとは快適。画面上の操作でジンバルを動かすこともできるし、細かい画質の設定やトラッキングの設定もできる。

 遠隔で操作できるのはいい。タイムラプスを使いたいときとか自撮り棒に付けて撮るときとか。

●120度の広角で撮影できるのがうれしい

 では性能を見てみる。

 これ、基本的に動画を撮るカメラであるのだが、一応スペックチェックということで、まずはいつものガスタンク。

 静止画は4:3から16:9まで選べるが、搭載しているセンサーは16:9のようで、それが一番画角を広く撮れる。

 16:9時の画素数は4K。つまり約830万画素だ。対角の画角は120度。Osmo Pocketは80度なので広くなった。これはよい。

 ただ、画質設定のワナに注意。静止画の「閉じるビューティー」と「オープン美しさ」ってなんだー? ちなみに訳が変なのかと思って英語モードにしたが、やはりピンとこない。

 正解は「閉じるビューティー」。この設定だと4Kサイズで撮れる。「オープン美しさ」だと補正処理が入ってちょっと鮮やかになるが、画像サイズが1920×1080に落ちちゃうのだ。

 まあ動画を楽しむカメラで静止画はおまけと思っていいかな。

 気になったのは、静止画と動画の画角の違い。動画では画角がぐっと狭くなるのだ。以下はスマホでWi-Fi接続したときのスクリーンショット。

●三脚穴があるので撮影シーンが広がる

 では撮る。

 動画サイズはフルHD、2.7K、4K、フレームレートは60fpsまで選べる。やっぱ4Kで撮りたいよね、ってことで4K/60fpsで撮ってみた。高速なmicroSDの用意を忘れずに。

 走ってくる列車を4K/60fpsで。クオリティーはそこまではよくないかな。

 三脚を付けられるので、自撮り棒を装着して高い位置から撮る、というのもあり。

 自撮り棒に付けて高い位置からつり橋。よりブレやすいシチュエーションだが、安定している。三脚穴があるだけで撮影の幅が広がるのがよい

 ハイパーラプスモードにすると、速度を指定できる。便利なのは撮影中に「何秒分撮影して、結果、何秒の動画になっていますよ」というのをリアルタイムで表示してくれること。

 ハイスピード撮影はフルHD動画で4xのスピードとなる。

●Webカメラとしても使えるのだった

 充電やPCとの接続はUSB Type-C端子で行う。バッテリーの持ちは公称で270分。実際にあれこれ使ってみたが持ちはけっこういい。これはよい点だ。

 PCとつなぐと、2種類の選択肢が現れる。

 USBスティックというのはUSBストレージ。PCCAMはWebカメラ。この状態でもジンバルは仕事をするので、アバウトに設定してもちゃんと水平を取ってくれる。

 つまり、屋外ではジンバル一体型カメラとしてアクティブに、家ではテレワーク用のWebカメラとして地道に仕事をしてくれるわけである。

 まあ、Osmo Pocketと比べると操作感など細かいところやアプリの使いやすさ・機能で及ばないところもあるけれども、より広角で三脚穴があってバッテリーの持ちもよいので幅広く楽しめそうである。