6月2日に、ファーウェイ・ジャパンがスマートフォンとタブレットの新しいラインアップを発表しました。スマホは「HUAWEI P40 Pro 5G」「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI P40 lite E」、タブレットは「HUAWEI MatePad Pro」「HUAWEI MatePad」「HUAWEI MarePad T8」の計6モデルです。

 これらの端末は、3月に発売された(一般発売は4月から)「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」と同じく、HMS(Huawei Mobile Services)を搭載する端末です。言い換えると、GMS(Google Mobile Service)には対応しておらず、Google純正のアプリは使えません。Google Playストアからダウンロードすることもできません。アプリは、HMSに対応したものを「AppGallery」という専用ストアから入手できる仕組みです。

 Huaweiの新モデルに興味はあるものの、Googleのアプリが使えなくて大丈夫なのか? と心配する人は少なくないでしょう。筆者は、3月28日からMate 30 Pro 5Gを使っています。AppGalleryの使い勝手はどうなのか? どんなアプリを入手できるのか? ユーザー目線でリアルな現状をお知らせしたいと思います。

●Google Playストアの代わりに必要となった「AppGallery」

 HMSは、170カ国以上で提供し、140万人以上がアプリ開発者として登録し、月間アクティブユーザーが4億人を超えるというサービスです。

 HMSはHuaweiが数年前から力を入れていたエコシステムで、日本で販売されているSIMロックフリーのHuawei端末もAppGalleryにアクセスできました。しかし、2019年までに発売された端末はGMSにも対応していたので、ほとんどのユーザーはAppGalleryを使わずに、Google Playストアからアプリをダウンロードしていたはずです。米中摩擦問題によって、新しく開発する端末にGSMを搭載できないことになり、ファーウェイ・ジャパンもHMSの整備に注力。日本向けのアプリの開発者を募り、AppGalleryのアプリを増やしている状況です。

 ただし、筆者が使っているMate 30 Proや新たに発売されたP40 Proで、GMS向けのアプリが全く使えないというわけではありません。いわゆる裏技的な方法もあり、それについては後述します。

●ダウンロード不要「QuickApp」の使い勝手は?

 AppGalleryは、iOS端末向けの「App Store」やAndroid端末向けの「Google Playストア」と同じように、アプリ名の入力や、カテゴリー、人気ランキングなどからアプリを検索できます。他のアプリストアと違うところは「QuickApp」「ウィッシュリスト」という項目があるところ。

 QuickAppは、アプリをインストールしなくても利用できるブラウザアプリで、「Quick App Japan」として、日本のユーザー向けアプリ一覧が表示されます。ブラウザでアクセスできるWeb版へのショートカットといったイメージですが、単なるWeb版ではなく、Huaweiが「高速アプリ」と称する独自仕様になっています。

 AppGalleryで利用できるアプリを手っ取り早く増やすための施策でしょうが、実際に素早く開けて、ほぼアプリと同じように操作でき、ストレージを有効に使えるという利点もあるので、積極的に活用できそうです。ただし、アプリ版とは画面表示が異なるので、操作に迷ったり、使いづらく感じたりすることはあるでしょう。

 AppGalleryでアプリを検索すると、未配信のアプリでも検索結果に「利用不可」と表示されます。そして「追加」をタップすると、「ウィッシュリスト」に追加され、利用可能になると通知されるそうです。筆者も幾つか“ウィッシュ”していますが、まだアプリ配信の通知は届いていません。

●LINE、Netflix、Slack……人気アプリはダウンロードできるのか?

 AppGalleryで配信されているアプリの総数は公表されていませんが、恐らくApp Store、Google Playストアに比べると、かなり少ないと推測されます。ほとんどは、そもそもGMSを使えない中国のユーザー向けのアプリで、日本のユーザーに向けて用意されたアプリは極めて少ない印象です。日本でiPhoneが発売された当初のApp Storeや、Android端末が出始めた頃のGoogle Playストアよりも少ないと思います。

 しかし、いろいろなアプリを探すことを楽しんだ時代は過ぎて、最近は、日常的に使うアプリが絞られている人が多いように思います。そこで、多くのユーザーが必要とするであろうスマートフォンアプリのAppGalleryでの配信状況を調べてみました。

・LINE ○

・Twitter △(QuickAppで提供)

・Facebook △(ダウンロードサイトを案内)

・Instagram △(Web版を案内)

・TikTok ○

・radiko ×

・TVer ×

・Spotify ×

・Netflix ×

・Zoom ○

・Slack ×

・Microsoft Office ○(Excel、Word、PowerPoint統合アプリをプリインストール)

・Dropbox  ×

・ドラクエウォーク ×

・ポケモンGO ×

・メルカリ △(QuickAppで提供)

 主要なアプリでも未配信のものが多く、いま使っているスマホと同じように使うのは難しい状況です。しかし、これらのアプリのうち「Twitter」「Instagram」「Sportify」「Slack」「Dropbox」は、今まで使っていたスマホからアプリのデータを受け継ぐ「Clone Phone」でのデータ転送ができ、アプリを起動することもできました。

 なお、AppGalleryではなく、アプリ提供者のサイトから直接アプリをダウンロードすることもできます。これは、HMSの端末だからできるわけではなく、GMS端末でもできます。そもそもAndroid端末は、iOS端末に比べると自由度が高く、自己責任でAPK(Android application PacKage)というアプリのパッケージをダウンロードして、インストールできる仕様になっています。AppGalleryからダウンロードできる「TopAPPNAVI」というアプリを使うと、使いたいアプリのAPKの配信元やWeb版アプリの有無などを検索できます。

 Mate 30 Proユーザーの多くは、AppGalleryのアプリ不足を「Amazon アプリストア」で補っています。Amazon アプリストアは、主にKindle端末のユーザーが利用するアプリストアですが、Android端末からもアクセスでき、HMS端末もOSのベースはAndroidなので、他のAndroid端末と同じように使えて、ダウンロードしたアプリも問題なく起動できるようです。

 筆者はAmazon アプリストアから「プライム・ビデオ」「Amazon Music」をダウンロードして、プライム会員特典で視聴できる映画や音楽を楽しんでいます。Amazon アプリストアはゲームもそこそこ充実しているので、「AppGallery+Amazon アプリストアで十分」と思う人もいるかもしれません。AppGalleryにはなかった「NHKラジオ らじる★らじる」もダウンロードできました。

●アプリは今後も増える? どうしてもGoogleアプリを使いたい場合は?

 結論としては、AppGalleryは「まだまだ物足りない」というのが本音ですが、Mate 30 Proを買ってから、わずか2カ月ほどの間にLINEが使えるようになって、LINE Payで買い物もできるようになりました。当初は、APKファイルをダウンロードする必要があったZoomもAppGalleryから正式に配信されるようになりました。当初は利用できる機能が限定的だった「NAVITIME」も、現在はフルサービスに対応し、地図アプリとして使えるようになりました。

 AppGalleryは、中国をはじめ、Huawei端末のユーザーが多い国・地域での利用が多く、日本のアプリ開発者にとっては、新しい市場の開拓にもつながります。これから1〜2年の間に、日本のアプリが右肩上がりで増えていく可能性も無きにしもあらずです。一方、米中関係の動向によっては、Huawei端末で再びGoogleアプリを利用できるようになる可能性も否定できません。

 いずれにしろ今、Huaweiの新端末の購入を検討しているのなら、どうしても使いたいアプリが配信されているかどうかを確認する必要はあるでしょう。膨大な数のアプリを配信するGoogle Playストアが「探しにくい」と感じている人がいるとしたら、発展途上のAppGalleryは、むしろちょうどよいと思えるかもしれませんよ。

 なお、Googleマップ、Googleフォト、Googleドライブ、YouTubeなどのGoogleサービスは、ブラウザでWeb版にアクセスして利用できます。アプリ版に比べると機能に制約があったり、若干使い勝手が悪いこともあったりしますが、ショートカットをホーム画面に貼り付けておけば、アプリに近い感覚で利用できます。GoogleのサービスはWeb版でも何とかなる、と思っておいても大丈夫でしょう。