NTTメディアサプライが、シャープ、シャープ福山セミコンダクター、MAYAネットソリューションズとの連携のもと、クラウドSIMを用いた法人向け通信サービス「DoRACOON(ドゥラクーン)」を7月30日から提供する。専用サイトや代理店経由で申し込みができる。

 DoRACOONは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの回線を用いたクラウドSIMサービス。電波環境によって、最適な回線に自動で接続することを特徴としている。テレワーク用の回線、ビジネスフォンと連携したスマートフォンの内線子機、監視カメラやサイネージなどの回線といった用途を想定している。

 端末は、据え置き型ルーター「YT60」、モバイルルータータイプ「DOR01」、スマートフォンタイプ「jetfon S20i」の3種類を用意する。YT60はMAYAネットソリューションズとシャープ福山セミコンダクターが共同開発しており、有線LANとUSB Type-Cでの接続に対応している。DOR01とjetfon S20iはMAYAネットソリューションズが提供している。価格(税別)はYT60が5万5000円、DOR01が1万9800円、jetfon S20iが4万6000円。MAYAネットソリューションズはSIMの調達やコールセンターの運営なども担う。

 利用料金(税別)は低速無制限プランが月額1000円から、月間5GBプランが月額1500円から、月間無制限プランが月額3800円から、休止プラン(一定期間休止できるプラン)が500円。料金は上記3種類のデバイスによって異なる。月間無制限プランでは1日の通信が5GBを超えると、段階的な速度制限を実施する場合がある。

 NTTメディアサプライは、店舗や施設のオーナー向け公衆Wi-Fiサービス「DoSPOT(ドゥスポット)」や、商店街や観光スポット向けの公衆Wi-Fiサービス「DoSPOT STREET(ドゥスポット ストリート)」を提供してきた。これらのサービスで得た知見を生かし、光回線の敷設等が困難なエリアに安定したインターネットサービスを提供すべく、DoRACOONの提供を決めたとしている。