セブン&アイ・ホールディングスは、9月10日から順次、傘下のスーパーマーケット237店でキャッシュレス決済サービスの内容を拡大する。

 同グループでは、セブン‐イレブンで2019年7月からバーコード決済、2020年6月からクレジットカードの非接触決済サービスを導入。西武・そごうでは2020年7月からバーコード決済サービスを導入している。イトーヨーカドーは9月10日、ヨークマート、ヨークフーズ、ヨークプライス、コンフォートマーケットは9月16日に開始する。

 対象店舗では6ブランドのクレジットカード、9ブランドのバーコード決済サービスを利用できるようになる。クレジットカードはレジ利用者側にあるリーダーに非接触対応のクレジット/デビット/プリペイドカードをタッチすれば、サインも暗証番号も不要(一定額以上は必要)で支払いが完了する。セルフレジ、セミセルフレジでは利用できず、専門店のレジでは利用できない場合がある。対象ブランドはJCB、Visa、Mastercard、AmericanExpress、DinersClub、DiscoverCard。

 バーコード決済は、利用者が提示したスマートフォンアプリ内のバーコードをスキャンすれば決済が完了。対象ブランドはPayPay、d払い、au Pay、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイ、ゆうちょPay、Alipay、WeChat Pay。

 PayPay、Alipay、WeChat Payは、店頭のQRコードを利用者が読み取る方式から利用者が提示したバーコードをスキャンする方式となる。また、専門店のレジではバーコード決済を利用できない場合がある。