米Appleは9月1日(現地時間)、「iOS 13.7」をリリースした。iOS 13に対応する全てのiPhoneとiPod touchが対象となるアップデートで、AppleとGoogleが共同で取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策の接触通知に関する更新が中心だ。

 アップデートすると、[設定]の「緊急SOS」の下に新たに「接触通知」という項目が追加される。

 これは、AppleとGoogleが5月に提供を開始した接触通知システム「Exposure Notification System」の改良版「Exposure Notification Express」(以下「Express」)に対応するための機能だ。Exposure Notification Expressは、AppleとGoogleが同日発表した。

 iOS 13.7以降では、各国の公衆衛生当局(日本では厚生労働省)がExpressの採用を決めれば、ユーザーは接触通知アプリ(日本では「COCOA」)をインストールしなくても、[設定]で「接触通知」を有効にすれば接触通知を受けられるようになる。

 【2020年9月3日17時10分追記】ただし日本では、接触通知アプリをインストールしていないと、陽性者と濃厚接触した可能性のある通知は受け取れない。

 Expressは従来の接触通知APIと完全互換で、COCOAアプリなどと共存する。プライバシーやセキュリティのレベルもCOCOAと同じだ。

 この他の更新としては、新しいミー文字ステッカーの追加と「ファイル」アプリへの「iCloud Drive」フォルダ機能の追加、バグ修正などがあった。

 セキュリティアップデートページによると、今回はセキュリティ関連の修正はないという。