米Appleは9月15日(現地時間)、「Apple Watch Series 6」などを発表したオンラインイベントで、Apple Watchユーザーが利用できるサブスクリプション制フィットネスサービス「Apple Fitness+」も発表した。

 まずは年内に米、英、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランドで提供を開始する。月額9.99ドル(約1000円)、年額では79.99ドルで、1カ月の無料お試し期間付き。同日発表の「Apple One」には、Fitness+も含めて月額29.95ドルの「Premier」プランもある。ファミリー共有で5人まで共有可能。Apple Watch Series 3以降で利用可能だ。

 iPhone、iPad、Apple TV上の専用アプリでワークアウトを選ぶと、連携させたApple Watchでそのワークアウトが自動的にスタートする。セッション中、iPhone、iPad、Apple TVの画面にApple Watchのワークアウト画面とアクティビティリングがリアルタイムで表示されるので、ワークアウト中に腕で確認する必要がない。

 ワークアウト中に、例えばトレーナーが心拍数を確認するよう指示すると、その数値が強調される。オプションで、同じワークアウトを行った人と自分のパフォーマンスを比較できる「Burn Bar」を表示することもできる。

 提供するプログラムは、サイクリング、トレッドミル、ローイング、HIIT、ストレングス、ヨガ、ダンス、コア、マインドフルクールダウンなど様々で、毎週新しいプログラムを提供する。Apple Musicにも加入していれば、ワークアウトで使われた音楽をApple Musicに保存できる。

 ユーザーが過去に行ったワークアウトに基づいて次にやるべきワークアウトや新しいオプションを提案するカスタム推奨エンジンを採用した。ユーザーはそうしたレコメンドも参考にしつつ、フィルタリングツールを使ってトレーニングの種類やトレーナー、トレーニング時間、音楽を選べる。