既報の通り、PASMO協議会は10月6日、Apple Payにおける「PASMO」のサービスを開始した。

 この記事では、Apple PayのPASMOについてある程度詳しく紹介する。

●使える機種は?

 Apple PayのPASMOは、以下の端末で利用できる。

・iPhone:iOS 14以降をインストールしたiPhone 8/8 Plus以降のiPhone

・Apple Watch:watchOS 7以降をインストールしたApple Watch Series 3以降

 日本向けモデルのみFeliCaに対応している「iPhone 7/7 Plus」や「Apple Watch Series 2」は非対応となるので注意しよう。

●Apple PayのPASMOで「できること」

 Apple PayのPASMOでは主に以下のことができる。Androidおサイフケータイ向けの「モバイルPASMO」とおおむね同様だ。

・プリペイド残高での鉄道やバスの利用

・プリペイド残高でのショッピング

・Apple Payを使った残高チャージ

・クレジットカードを使った残高チャージ

・チャージ機やコンビニエンスストアのレジなどでの現金チャージ

・鉄道や路線バス定期券の購入や更新

・「PASMOオートチャージ」対応クレジットカードでのオートチャージ

・カードタイプのPASMOやモバイルPASMOからの残高や定期券情報の引き継ぎ

 ただし、幾つかの注意点がある。

Apple Payやクレジットカードを使ったチャージの注意点

 Apple Payに登録されたクレジットカード、デビットカードやプリペイドカードを使ってiPhoneやApple Payの「Walletアプリ」、または「PASMOアプリ」からPASMO残高にチャージができる。チャージ残高は最大2万円だ(カードタイプやモバイルPASMOと同様)。

 チャージ金額の単位は、アプリによって異なる。

・Walletアプリ:最低100円(カード作成時は1000円)、以降1円単位

・PASMOアプリ:最低500円、以降1000円単位(1000円から1万円まで10段階)

 Apple Payに登録したカードでのチャージは、カードの国際ブランドが「Mastercard」「JCB」「American Express」のいずれかである場合のみ対応する。これはApple Pay自体の制約となる。

 また、PASMOアプリを使ったチャージはVisaブランドのカードでも利用できるが、PASMOの会員登録(≒記名PASMOとしての利用)と、3Dセキュア(Webでの本人確認)に対応するカードのひも付けが必要となる。Visaブランドであっても、3Dセキュアの利用できないカードは使えないので注意しよう。

チャージ機での現金チャージの注意点

 駅や商業施設にある「交通系電子マネー」のチャージ機でもチャージはできる。ただし、ICカードの読み書き部分がトレイタイプである必要がある。カードを挿入するタイプのチャージ機(自動券売機や自動精算機を含む)では、物理的制約からチャージができない。

鉄道や路線バス定期券の購入や更新における注意点

 Apple PayのPASMOにおける鉄道や路線バスの定期券は、特定の鉄道事業者や路線バス事業者において発行できる。1枚のPASMOには、「鉄道」と「路線バス」の定期券を1枚ずつ搭載可能だ。発券できる定期券の種類は「通勤定期券」と「通学定期券」で、通学定期券については原則として大学生/専門学校生向けのみとなる。

 鉄道定期券は首都圏のSuica事業者を含む他事業者への「連絡定期券」や、一部の事業者が発行している「2区間定期券」にも対応している。路線バス定期券については地区や路線によって「全線(定額)定期券」や「区間指定定期券」を購入できる。

 発券できる定期券の種類や区間は事業者によって異なるので、詳しくは株式会社パスモのWebサイトで確認してほしい。

 定期券の新規購入にはPASMOアプリが必要となる。会員登録も必要だ。新規購入時の代金の支払いは、Apple Payに登録したカードまたはPASMO会員情報にひも付けたカードで行える(制約はチャージ時と同様)。通学定期券を新規購入する場合は利用開始日の10日前までのオンライン申請と、同7日前までの書類提出(郵送)が必要となる。

 同じ定期券の継続購入については、Walletアプリからも行える。ただし、Walletアプリからの購入時はApple Payに登録したカードからの支払いのみとなる。

 通学定期券についても、4月30日までが有効期限となる場合に限り継続購入できる。5月1日を超えて有効な通学定期券を希望する場合は、改めて新規購入の手続きが必要だ。

カードタイプのPASMOやモバイルPASMOからの移行に関する注意点

 カードタイプのPASMOや、AndroidおサイフケータイのモバイルPASMOからカード情報(残高や定期券情報など)を移行する場合、使おうとするiPhoneやApple WatchでPASMOが“1枚も”発行されていない状態で行う必要がある。

 カードタイプのPASMOの移行は、Walletアプリ、PASMOアプリのいずれからも行える。移行元カードのプリペイド残高はカードのデポジット(預かり金)の500円を付加して引き継がれる。引き継いだ後のカードは自分で破棄しよう。

 なお、以下のいずれかに当てはまるカードは、iPhoneやApple Watchには取り込めない。

・小児用PASMO

・クレジットカードとの一体型PASMO

・持参人式バス定期券の情報が記録された無記名PASMO

・18歳未満(高校生まで)が利用しているPASMO通学定期券

・Apple PayのPASMOに定期券を発行できない事業者が発行したPASMO定期券

・「企画券」(1日乗車券など)や「乗車証」を添加したPASMO(※1)

(※1)券面にも記録するタイプのものは、情報を消去すれば移行可能(消去は発行事業者で受け付ける)。券面記録を行わない「バス1日乗車券」の場合は、有効期限(時間)を過ぎて無効になれば移行できる

 また、取り込めるカードでも、以下のいずれかの状態にある場合は移行を行えない。

・ステータスが「入場中」の場合(改札から出た後に移行可)

・有効な「Suicaグリーン券」が記録されている場合

・プリペイド残高が1万5001円以上残っている場合(1万5000円以下になれば移行可)

・移行先の端末に登録済みの記名PASMO/PASMO定期券と氏名や生年月日の情報が異なる場合(※2)

・移行先の端末に無記名PASMOが発行されている場合(※3)

(※2)移行元のカードが記名PASMO/PASMO定期券の場合。移行元カード側の情報を訂正すれば移行できる(※3)移行元のカードが記名PASMO/PASMO定期券の場合。PASMOアプリで会員登録を行えば移行できる

 モバイルPASMOを移行する場合は会員登録が必要となる。登録時に使ったメールアドレスとパスワードを使って機種変更操作を行い、同じメールアドレスでiPhoneのPASMOアプリにログインすれば移行は完了する。

 なお、Apple PayのPASMOからカード式のPASMOやモバイルPASMOへの移行は行えない。

●Apple PayのPASMOで「できないこと」

 逆に、Apple PayのPASMOには以下の通り「できない」こともある。

・一部の自動券売機やチャージ機などでのチャージ(構造上の問題)

・「Suicaグリーン券」の購入

・エクスプレス予約の「EX-ICカード」と重ねての新幹線乗り換え改札の通過

・小児用PASMOとしての利用

・高校生以下の通学定期券としての利用

 Suicaグリーン券が必要な場合、あるいはエクスプレス予約と組み合わせて使いたい場合は、Apple Payの「Suica」を別途発行すれば対応できる。

Suicaグリーン券を使いたい場合

 Suicaを発行した上で、「Suicaアプリ」から「モバイルSuicaグリーン券」を購入することで対応できる。購入にはSuicaの会員登録が必要で、代金はSuica会員情報にひも付けたカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)またはApple Payに登録したカードで支払える(Apple Pay利用時の制約事項は先述の通り)。

 なお、一部の駅には駅ホームに「Suicaグリーン券専用券売機」が設置されているが、モバイルタイプのSuicaやPASMOには対応していない。

 また、東海道線のJR東海エリア(熱海〜沼津間)はモバイルタイプを含むSuicaグリーン券に一切対応していない。JR東日本の普通列車グリーン券の対象線区の駅、または全国のJR駅などにある「みどりの窓口」で事前に「普通列車用グリーン券」を購入しよう。

EX-ICサービスを使いたい場合

 Apple PayでSuicaを発行した上で、Suicaアプリ経由でJR東海のWebサイトにアクセスし、所定の手続きを経ることで利用できる。

 ただし、Apple Payでは2つの交通系ICカードを同時に使うことはできないため、Apple PayのPASMOで乗り換え駅まで行く場合は「Apple PayのPASMOで最寄り駅から乗車→新幹線の乗り換え駅でいったん改札を出る→エクスプレス予約とひも付けたApple PayのSuicaに切り替えて新幹線改札を通る(または在来線改札を通ってから乗り換え改札を通る)」という手順を経なければいけない。また、新幹線の運賃の決済に利用できるクレジットカード会社も限られる。

 「どうしても東海道・山陽新幹線をチケットレスで乗りたい!」という場合は、手持ちの交通系ICカードを乗車用ICカードとして使える「スマートEX」を使うことを推奨する。年会費は無料で、Apple PayのPASMOのカード番号を事前に登録しておけば、乗り換え改札もスムーズに通過できる。登録できるカードも、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubのブランドが付いていれば原則として何でも良い。