JVCケンウッドは11月上旬、完全ワイヤレスイヤフォンのエントリーモデル「HA-A7T」を発売する。市場での想定販売価格は5000円前後(税別)となる。

 HA-A7Tは片耳4.8gと軽量で、耳にフィットするスティック型ボディーを採用している。左右の本体それぞれに再生/一時停止/曲送り/曲戻し/ボリューム調整などの操作が行えるワンボタンがあり、一度ペアリングを完了した端末であれば、充電ケースからの取り出しや収納によって自動的に電源をオン/オフできる。ハンズフリー通話用のマイクも内蔵する。

 ドライバーは高磁力ネオジウムマグネットを採用しており、クリアなサウンドを実現しているという。通信規格はBluetooth 5.0に対応し、アンテナ位置を最適化することで安定したワイヤレス接続を可能とした。IPX4相当の防水性能も備える。

 本体の約6時間連続再生と充電ケースでのフル充電(約6時間×1.5回)で合計約15時間再生でき、15分の充電で約1時間連続再生できるクイック充電も行える。カラーはブラック、ホワイト、ピンク、ミントの4つで展開する。