NTTドコモは11月26日から、資金決済サービス「ドコモ口座」とスマホ決済サービス「d払い」のセキュリティ強化対策の一環として、ドコモ回線を契約していないユーザーにおける「連絡先携帯電話番号」登録を必須化する。

 登録できる携帯電話番号は、SMS(ショートメッセージ)を受信できる国内で発行された11桁のもの。SMSを受信できない携帯電話番号は登録できない。また、連絡先携帯電話番号は「dアカウント」と“1対1”でひも付けられるため、1つの携帯電話番号を複数のdアカウントにひも付けることはできない。

 今後、連絡先携帯電話登録していないドコモ回線未契約ユーザーには両サービスのアプリを通して連絡先携帯電話番号の登録を促すメッセージが表示される。ドコモ回線を契約していないユーザーが銀行口座からドコモ口座にチャージする場合は、「eKYC(電子的方法による本人確認)」手続きも引き続き必須となる。

 連絡先携帯電話番号の登録は、既に「dアカウントメニュー」から行えるようになっている。

 なお、今回の取り組みはドコモ回線とひも付けて使っているユーザーは対象外となる。