NECは、11月26日に同社のネットワークサービス「NEC Smart Connectivity」のマルチコネクティビティのメニューへ「ローカル5G」を追加。3つのサービスメニューをそろえ、5G基地局のラインアップへ実用免許の制度化が予定されているSub6(4.7GHz)帯域に対応したスタンドアローン(SA)型を追加する。

 「コンサルティングサービス」では、ローカル5Gを構築する準備段階に必要な企画・要件定義から電波測定、5G端末検証、実証実験を提供し、利用者のニーズと現地環境に応じた最適なネットワークサービスと今後の進め方を提案。「インテグレーションサービス」では、ネットワークのスペシャリストが無線局免許の取得支援からネットワーク構築の各種調査・検証を行って信頼性の高いネットワークを構築する。費用は個別見積もり。

 「マネージドサービス」では、5Gネットワークの常時監視(24時間/365日対応)や問い合わせ対応、保守手配・復旧対処など運用業務を提供。コアネットワーク、基地局など5Gシステムを構成する機器と保守サービスをセットにし、月額料金で提供して初期投資の抑制に貢献するという。費用は月額100万円(税別)から。