JVCケンウッドは、音声アシスタントを搭載したワイヤレスイヤフォン2機種を発売。2021年1月中旬から「WS-A1」、2021年2月上旬から「WS-A1G」を順次提供する。市場想定価格は3万5000円前後。

 WS-A1には「Amazon Alexa」、WS-A1Gには「Googleアシスタント」を搭載し、ニュースや天気予報のチェック、リマインドやスケジュールの確認、スマートホーム端末の制御、音楽の再生などの操作が可能。「アレクサ」や「OK Google」などのウェイクワードは必要なく本体左側のタッチパッドに触れれば起動し、各種通知も音声で聞くことができる。

 ユーザーの声を音声アシスタントに正確に認識させる「トリプルマイクシステム」機能や、ノイズキャンセリングと取り込みを簡単に切り替えられる「アンビエント・サウンド・シームレス・コントロール」機能、人の声が明瞭に聞こえる「ボイス・エンハンスメント・モード」を備える。ノイズキャンセリング機能オンでは本体のみで約8時間、充電ケースによるフル充電(約8時間×2回)を合わせて最大約24時間の連続再生が可能だ。

 Bluetoothに対応し、口径10mmのベリリウムコーティングドライバーを採用。独自アプリで詳細設定や状態確認も可能で、ハンズフリー通話や充電ケースのワイヤレス充電、IPX4相当の防水もサポートする。