2020年も、残り10日を切りました。ITmedia Mobileのアクセスランキングを月単位で見ながら、モバイル業界の主なトピックを振り返っていきます。今回は5月のアクセス数トップ10を紹介します。

●ITmedia Mobile Monthly Access Top10

2020年5月1日〜2020年5月30日

1. マイナンバーカードで給付金10万円をスマホから申請、さらに5000円還元もゲットする方法

2. 総務省がNTTドコモと販売代理店70社に行政指導 「不適切な端末代金の値引き」について

3. 楽天モバイルの弱点を突く「UQ mobile」の新料金プラン “サブブランド化”も意識

4. 5G時代はWi-Fiルーターが固定回線代わりに? HTCもルーターに活路を見いだす

5. 「iPhone SE(第2世代)」は7や6sからどれだけ進化した? 使い勝手や性能を比較した

6. なぜ5Gのエリアは劇的に狭いのか? キャリア各社の5Gエリア整備計画を確認する

7. UQ mobile、“楽天モバイル対抗”の新料金プラン「スマホプランR」を提供 月間10GB+低速時は1Mbps

8. auのポイントに「Ponta」を取り込む狙いは? 課題はオンライン決済か

9. 新「iPhone SE」は誰にオススメできる? 今使っている「端末」と「回線」から考える

10. auじぶん銀行、入金とau PAY残高チャージで現金1000円プレゼント

 1位は、10万円の特別定額給付金をスマートフォンから申請する方法と、マイナポイント事業にスマートフォンから登録する方法をまとめた記事でした。毎月掲載しているスマホ決済のキャンペーンのまとめ記事もコンスタントに読まれており、やはり「お金」「お得」にまつわる話は読者の関心が高いことが改めて分かりました。当時はマイナポイント事業の開始前でしたが、7月の開始以降、各社で追加キャンペーン合戦が過熱したことも記憶に新しいところです。

 UQコミュニケーションズが発表した「UQ mobile」の新料金プラン「スマホプランR」も2つの記事がランクインしており、大きな注目を集めました。月額2980円(税別)で10GBまでのデータ通信が利用でき、容量超過後も1Mbpsで利用できるということで、楽天モバイル対抗を明確に打ち出したプランです。10月にUQ mobile事業がKDDIに移管され、12月にドコモが月額2980円で20GBの「ahamo」を発表するなど、サブブランドや料金プランを取り巻く動きがとにかく活発な1年でした。

 6位にランクインした5Gエリアの解説記事は、6月以降も長く読まれています。2020年は5Gの商用サービスが始まった「5G元年」ではありましたが、エリアが「面」ではなく「点」でしか広がっていないことから、実際に5Gが使える機会はごくわずかでした。KDDIとソフトバンクは4G周波数の5G転用に積極的ですが、ドコモはあくまで5Gの新周波数メインで勝負する姿勢を見せており、5Gエリアの戦略がキャリアによって異なるのも興味深いところ。ともあれ、5Gを日常的に利用できるようになるまで、もう少し辛抱強く待つ必要がありそうです。