中国Xiaomi(小米科技)は12月28日(現地時間)、オンラインイベントを開催し、新フラグシップ端末「Mi 11」を発表した。2021年1月に中国で発売する。中国での販売価格は3999元(約6万3500円)から。

 米Qualcommが1日に発表したプレミアム市場向けプロセッサ「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」を搭載する最初の端末になる。Snapdragon 888はシングルチップに5Gモデム「Snapdragon X60」が統合されているため、先代に当たる「Snapdragon 865」よりもコストが低く、省スペースでもある。

 ディスプレイは6.81型のアクティブマトリクス式有機EL(解像度は3200×1440ピクセル)でリフレッシュレートは120Hz。ほぼベゼルレスでインカメラはピンホール式だ。ディスプレイ内に指紋センサーを搭載する(インカメラでの顔認証もサポート)。端末の前面と背面はガラス(背面が革製のモデルもある)でそれぞれ端がカーブしており、手に馴染みそうだ。

 メモリは8GBか12GB、ストレージは128GBか256GB。アウトカメラは1億800万画素のメイン広角カメラ、500万画素の望遠、1300万画素の超広角の3台、インカメラは2000万画素の1台。

 バッテリーは4600mAhで無線充電対応。米AppleのiPhone 12シリーズ同様に、環境保護の観点からACアダプターは同梱しない。サイズ/重量はガラスモデルは164.3×74.6×8.06ミリ/196グラム、革モデルは164.3×74.6×8.56ミリ/194グラム。色はガラスモデルはグレイ、ブルー、ホワイトの3色、革モデルはパープルとベージュの2色。

 中国以外の地域での販売については発表されていない。