ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2020年12月21日から2020年12月27日までの1週間について集計し、まとめました。

 今回の1位は、「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー 2020」において各審査員が推薦した機種を紹介する記事でした。

 スマートフォン・オブ・ザ・イヤーでは、審査員とITmedia Mobile編集部がそれぞれ、5機種ずつスマートフォンを推薦した上で、推薦数で上位に入った5機種の中からベスト機種を選定する流れを取っています。それぞれの審査員(と編集部)の視点は、思った以上に違っています。それを楽しむのも、スマートフォン・オブ・ザ・イヤーの醍醐味(だいごみ)でもあります。

 今年(2020年)の選定機種は、すでに発表済みです。選定理由の記事を読んだ後にぜひ見てみてください。

 12月22日、ソフトバンクが携帯電話サービスにおける新しい料金施策を発表しました。そのことに伴って、アクセス数のトップ10のうち4記事が関連する記事となりました。

 この発表の要旨をまとめると以下の通りです。

・ソフトバンクブランドの「メリハリプラン」を「メリハリ無制限」に改定→端末単体の国内データ通信を無制限に

・Y!mobileブランドでは「スマホベーシックプラン」を「シンプル(プラン)」に改定した上で、スマホベーシックプランを含めて5G対応

・ソフトバンクブランドにおいて、LINEと協業したオンライン専業新ブランド「SoftBank on LINE(ソフトバンク・オン・ライン)」を発足(LINEモバイルは吸収合併する方針)

 NTTドコモの「ahamo(アハモ)」に対抗をメインに据えていますが、メリハリ無制限の料金設定を見るとau(KDDIと沖縄セルラー電話)も意識しているのかな、という印象を受けます。KDDIはahamoやソフトバンク/Y!mobileにどう対抗するのでしょうか。早ければ2021年1月にも行われる発表が楽しみです。

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2020年12月21日〜2020年12月27日

1. スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020:審査員が選ぶ「2020年を代表するスマホ」5機種

2. ソフトバンクは3ブランドでドコモとUQ mobileに対抗 新料金プランは「安く」「分かりやすい」

3. LINEモバイルは新規受付停止へ 今後は「SoftBank on LINE」に一本化

4. 楽天市場や楽天Edyに外部から不正アクセス 148万件強の個人情報流出の可能性

5. ドコモ新料金プランの狙いを解説 「5Gは容量無制限」「正価の安さ」が強み

6. NTTコムは2021年夏頃にドコモの子会社に 個人向けMVNO事業はレゾナントが担当

7. 「プラチナバンドがなければ競争は困難」 楽天モバイルが既存周波数の再編を訴える

8. Y!mobleが5G通信サービスを開始 2021年2月から 料金プランも刷新

9. 8万人に総額1億円相当分のau PAY 残高が当たる ローソンアプリでキャンペーン

10. ソフトバンクがオンライン専用の新ブランド発表 月額2980円で20GB+LINE使い放題