KDDIと沖縄セルラーが1月13日、UQ mobile向けの新料金プラン「くりこしプラン」を発表。2021年2月1日から提供する。

 くりこしプランは、月額1480円(税別、以下同)で3GBのデータ容量が付く「くりこしプランS」、月額2480円で15GBのデータ容量が付く「くりこしプランM」、月額3480円で25GBのデータ容量が付く「くりこしプランL」を用意する。データ容量超過後の通信速度は、くりこしプランSが300kbps、くりこしプランM/Lが1Mbpsとなる。

 期間限定の割引は用意しておらず、1人でもこの料金で利用できる。余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができる。

 くりこしプランMとくりこしプランLのデータ容量は、2021年4月利用分までは、それぞれ10GB、20GBとなるが、データチャージ料金から5GB分(最大5000円)割り引くため、合計15GB、25GBを利用できる。

 通話料金は30秒あたり20円。月額1700円で国内通話かけ放題、月額700円で国内通話10分かけ放題、月額500円で60分の通話が無料になるオプションを利用できる。

 既存プランと比較すると、くりこしプランSとくりこしプランMは「スマホプランS」「スマホプランR」より500円安い。なお、くりこしプランLは、当初2021年2月の提供を予定していた「スマホプランV」の内容を見直したもので、こちらも500円安くしている。データ容量について、くりこしプランSは3GB据え置きだが、くりこしプランMとくりこしプランLはスマホプランRとスマホプランVから5GBを増量している。

 さらに、2021年夏からはUQ mobileも5Gサービスに対応する予定。5G対応の料金プランは決まり次第、案内する。

 新プランの提供に合わせ、2021年1月31日で「スマホプランS/R」の新規申込受付を終了する。

【更新:2021年1月13日19時55分 通話オプションについて追記しました。】