MediaTekは、1月20日に5Gスマートフォン向けの最上位プロセッサ「Dimensity 1200」と「Dimensity 1100 5G」を発表した。

 それぞれ、電力消費を大幅に抑えるMediaTek独自の5G UltraSaveテクノロジーなどを備えた5Gモデムを搭載。5G SA/NSA、FDD/TDD 2CC、DSS、5G DUAL SIM(5G SA+5G SA)、VoNRなどをサポート。

 Bluetooth5.2をはじめ、AIを用いた拡張ビデオ再生機能(AI SDR-HDR変換)も対応。5G通話とデータ通信の同時接続やタッチスクリーンのマルチタッチ応答などを含むMediaTek独自のHyperEngine 3.0 gaming technologyをサポートする。

 Dimensity 1200は5コアのHDR対応ISPを搭載し、2億画素の撮影が可能に。Staggered 4K HDRビデオキャプチャー技術でダイナミックレンジも向上するという。独自の6コアAIプロセッサー(MediaTek APU 3.0)でマルチタスク処理のスケジューラー機能も強化した。コア構成は3GHzのArm Cortex-A78、2.6GHzのArm Cortex-A78×3、Coretex-A55×4の計8コア。168Hzのリフレッシュレートに対応している。

 Dimensity 1100では1億800万画素に対応するカメラ機能やAPU3.0をサポートし、コア構成は2.6GHzのCoretex-A78×4+Coretex-A55×4の8コア。リフレッシュレートは144Hzに対応し、どちらもGPUはMali-G77を9基採用する。

 Dimensity 1200/Dimensity 1100プロセッサを搭載した製品は、本年第1四半期末と第2四半期はじめに市場に提供される見込み。