ギフトカードの「QUOカード」をデジタル化し、スマホ画面に表示されたバーコードをお店のレジで読み取ってもらうことで使える「QUOカードPay」。数値は公表していないが、2020年、QUOカードとQUOカードPayを合わせて過去最高の発行額を達成したという。2019年3月にサービスを開始してから、どのようにサービスを拡大してきたのか、クオカード デジタルイノベーションラボ マーケティンググループの大谷優氏にうかがった。

●スマホで使えるギフトカード

 QUOカードPayはスマホで使えるギフトカードだ。スマホに表示したバーコードをお店のレジで読み取ってもらい、支払いに利用できる。その支払いスタイルからコード決済の1つだと思われるかもしれないが、コンセプトは大きく異なる。

 商品券のように個人が購入して贈ることも当然できるが、多くは企業が行うキャンペーンのプレゼントやお礼、サービス障害のおわびなどで採用されている。スマホのコード決済のように銀行口座やクレジットカードを登録してチャージするわけではない。基本的に、QUOカードPayを贈る側はメールなどでURLを送り、受け取った人はWebサイトにアクセスして、券面やバーコードを表示して利用するという流れだ。一部の特殊な場合を除き、現金と併用することもできる。

 アプリも用意されており、アカウントを取得すると、複数のQUOカードPay残高をまとめて使うことができる。キャンペーンでもらえる少額のバリューをためて使うのに便利で、当初の想定よりアプリの利用は多いという。アプリの利用にはメールアドレスの登録が必要だが、Webブラウザで利用する場合に個人情報は不要で、すぐに使えるのも特徴だ。

 発行額面は50円から1円単位で最大10万円までで、有効期限は3年間。最低購入価格は、以前は5000円だったが、個人の利用が増えてきていることと、企業がトライアルで使いやすいように1000円に下げた。発行手数料として発行額面の6%がクオカードの収益になる。

 贈る金額のレンジは、個人だと1000円、2000円が中心で、多くて1万円程度。企業がキャンペーンで贈る場合は、1人当たり1000円以下が多い。高額品を購入した場合のノベルティとして提供する場合は、数千円から1万円になるという。

 QUOカードPayはクオカードのECサイトから購入する。購入すると、QUOカードPayのコードを表示するURLデータをCSVファイルでダウンロードできる。それを贈りたい相手にメールなどで送信するが、企業キャンペーンで膨大な数のメールを手作業で配信するのが大変だという声を受け、登録したアドレスにメールを送信するサービスを追加した。この配信代行サービスに関しては追加料金不要で提供している。

 また、個人での購入も増加していることから、スマホからQUOカードPayを購入できるようにECサイトをアップデートした。スマホでバリューコードのURLを送る場合は、LINEなどのメッセージアプリを起動し、それに貼り付けて送れるようになっている。

●コロナ禍で変化したこと

 大谷氏によると、コロナ禍の影響で企業キャンペーンは減った感覚があるそうだが、「違うところでQUOカード/QUOカードPayが採用されていて、会社としては業績が伸びている」という。「違うところ」の1つが自治体だ。

 例えば、医療従事者やホテル従業員に支援金を贈呈する際に、贈呈方法としてQUOカード/QUOカードPayを採用するケースが多いという。現金を送る場合は銀行口座を指定して振り込みしなくてはならないが、QUOカードなら郵送でき、QUOカードPayならメールで送れる。コストを抑えられる点も魅力だろう。

 「使う際にハードルが低いことに加え、QUOカードブランドはよく知られているので、自治体が提供する場合にも安心感があるのではないでしょうか」(大谷氏)

 QUOカード/QUOカードPayはメッセージを付けられることも好評だ。QUOカードPayは、サイトにアクセスすると券面画像やメッセージ欄が表示される。

 この他、企業の内定者を集めた懇親会が、コロナ禍でビデオ会議システムを使ったものに切り替わったところもある。飲食を提供できないので、ある企業では人事担当者がQUOカードPayを内定者に配り、飲食物を買って用意してもらうという使い方もあったそうだ。

●加盟店網が大幅に拡大

 加盟店はこの1年で大幅に増加した。家電量販店のエディオンやユニクロ、スギ薬局やサンドラッグなどの大手ドラッグストア、吉野家、ワタミグループなども加盟店になっている。

 QUOカードの歴史的に、加盟店に書店が多いことが特徴だ。スタンドアロンで動くQUOカードの決済端末をQUOカードPayにも対応させて、対応書店を広げた。

 1月18日からはミニストップにも導入され、他の大手企業とも鋭意交渉中だ。

 キャッシュレス決済事業者は個人店の加盟店開拓にも積極的だが、QUOカードPayの場合は個人店には広げていない。QUOカードPayをもらった人が、使える場所としてイメージしやすい加盟店の開拓に、まずは注力している。

 「QUOカード/QUOカードPayはギフトでもらって使うもの。個人店まで広げたとしても、使えることをユーザーがなかなか認識できず、加盟店に送客できません。現在は大手を中心に展開をしています」(大谷氏)

 加盟店への送客を促進するため、特定の加盟店でしか使えないQUOカードPayも用意している。例えば、ユニクロがオンラインストア20周年記念で行ったキャンペーンで配布したQUOカードPayは、ユニクロでしか使えない専用のQUOカードPayだった。

●さまざまなキャンペーンで採用

 企業のキャンペーンでの採用も活発だ。例えば、Twitterを使って、企業のアカウントをフォロー&投稿のリツイートによって、抽選でQUOカードPayが当たるというキャンペーンが、数え切れないほどの企業で行われているという。

 QUOカードPayだと、ダイレクトメッセージで当選者にURLを送れる。個人情報をやりとりすることなく、フォローしていれば完結するのが便利だ。QUOカードPayを使う場合もURLが分かればいいので、個人情報が必要ない。

 コラボキャンペーンも増えている。ユニクロ以外では、2020年5月にエースコックが、QUOカードPayのキャラクター、コアラの「クオとペイ」を起用して、最大5000円分のオリジナルQUOカードPayが当たるキャンペーンを行った。また、2019年には、大阪府が提供する健康マイレージ「アスマイル」アプリを登録すると、QUOカードPayが300円分もらえる「アスマイルで300円分もらえるねん」キャンペーンが行われる、大阪限定でTVCMも放映された。

 最近では、埼玉県の「コバトン健康マイレージ」アプリともコラボ。ここでも互いのキャラクターを活用した。

 「大阪府や埼玉県のケースはアプリ登録を促すキャンペーンなので、デジタルで渡せるQUOカードPayは相性がいいようです」(大谷氏)。少額でもコンビニなどで使え、現金と合わせて使えるので金券より使い勝手がいいことも採用を後押ししているようだ。

 クオとペイは、コラボキャンペーンでも活躍しており、券面デザインにも採用してバリエーションを増やしている。ECサイトでは、クオとペイをあしらったデザインを月替わりで提供している。人と合体して背が伸びたユニクロのコラボCMは全国で放映され、大きな反響があったという。

●他のキャッシュレス決済とは競合しない

 アプリがあっても自分でチャージすることはなく、個人情報の登録もメールアドレスのみと、他のキャッシュレス決済サービスとは大きく異なるQUOカードPay。マイナポイント事業も「対応させようと思えばできる」(大谷氏)が、還元先の個人を特定するためにアプリが必須となるため、対応を見送った。

 こうした点からも「キャッシュレス決済事業者が競合だという認識はない」(大谷氏)。競合は紙の商品券やデジタルギフト券だ。

 個人情報を登録せずに利用できるので、セキュリティ面でも安心感がある。2020年には、本人確認の甘さから、銀行口座から残高が不正送金されるという事件も起こったが、そういった不正利用に使われる可能性もなさそうだ。

 もちろん、QUOカードPayのバリューコードを表示するURLが、第三者に知られて使われる可能性はある。URLが記載されたメールを当選者が誤って第三者に転送し、使われてしまうというようなことについては、クオカード側で対策しようがない。

 しかし、URLに対する不正アクセス対策は行っているという。「URLデータにランダムにアクセスしてくるような輩はゼロではありません。そこは検知して、たどれるようにしています」(大谷氏)

●今後の展開

 Apple PayやGoogle Payなど、非接触で使えるようにすることについては「今後も検討する」(大谷氏)とのことだが、すぐに使えるWebブラウザでの利用がQUOカードPayの大きな特徴となっているので、悩ましいところだ。非接触で使えるようにするには、アプリを入れてFeliCaチップとのひも付けが必要になるため「分かりにくくなるのでは」(大谷氏)という懸念もある。企業などから非接触への対応の要望も、現時点で特にないという。

 今後、デジタルギフトを贈り合う文化が広がっていくようであれば、アプリに口座やクレジットカードをひも付けて、プレゼント用にQUOカードPayが買えて、そのまま送れるような仕組みを導入する可能性はあるという。「ECサイトをQUOカードPayのアプリに移植していくようなイメージです」(大谷氏)

 デジタルのAmazonギフト券を友達に贈るシーンはそれなりに多い。今後、QUOカードPayも、そんな使い方がスマホのアプリでできるようになるかもしれない。