KDDIと沖縄セルラー電話は2月3日から、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy S10 SCV41」「Galaxy S10+ SCV42」「Galaxy Note10+ SCV45」に対するOSバージョンアップを開始した。バージョンアップのOSは「Android 11」となる。

●OSバージョンアップの概要

 今回のバージョンアップでは、主に以下のAndroid 11の新機能を利用できるようになる。

・スレッド通知への対応(対応するメッセンジャー/SNSアプリで利用可能)

・新たな通知機能「バブル」の追加(同上)

・画面録画用のユーザーインタフェース(UI)の追加

・メディアコントロールの機能強化

・アプリへの権限付与の仕様変更(「今回のみ」許可への対応、長期間使っていないアプリに対する権限リセットなど)

 その他、主に以下の新機能や仕様変更が行われる。

・不在通知の仕様変更(不在着信が2件以上となった場合、個別の着信に対するアクションが可能に)

・ロック画面の仕様変更(ロック画面の時計付近をタップすることでウィジェットを表示可能に)

・エッジパネルの表示内容の変更

・デバイスケアの「バッテリー」における画面の表示内容や機能の配置場所の変更

・クイックパネルから電源ボタンを削除(パネルスイッチを展開すると表示)

・Bluetoothがデフォルトで「オン」に(※1)

・プリインストールされる「データお預かり」アプリをGoogle Play版に変更(※2)

(※1)工場出荷状態に戻した場合(※2)Google Play版では、従来版(au Market版)で取ったバックアップデータの一部の復元に対応しないため、必要に応じてOSバージョンアップ前にデータ復元を行う必要がある

●バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは、本体単体の操作、または「Smart Switch」アプリをインストールしたWindows PC/Macとつないで行う。いずれの場合も、インターネット接続が必要だが、4G LTEネットワークを使って本体単体でダウンロードするとデータ量を消費するので、できる限り通信容量制限のないネット回線を利用して行うことを推奨する。

 本体単体でバージョンアップ作業を行う場合、端末設定から「ソフトウェア更新」を選択する。通知が表示されている場合は、通知をタップして作業を開始することもできる。