KDDIと沖縄セルラー電話は2月4日18時から、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia 1 II SOG02」に対するOSバージョンアップを開始する。バージョンアップ後のOSは「Android 11」となる。

●OSバージョンアップの概要

 OSバージョンアップの内容は、1月19日から配信されている「Xperia 1 II SOG01」向けのものとおおむね同一だ。

 適用すると、以下のAndroid 11の新機能を利用できるようになる。

・スレッド通知への対応(対応するメッセンジャー/SNSアプリで利用可能)

・新たな通知機能「バブル」の追加(同上)

・画面録画用のユーザーインタフェース(UI)の追加

・メディアコントロールの機能強化

・アプリへの権限付与の仕様変更(「今回のみ」許可への対応、長期間使っていないアプリに対する権限リセットなど)

 その他、主に以下の新機能や仕様変更が行われる。

・カメラの外部モニターとして利用する機能の追加(※)

・「Game Enhancer」の機能改善

・「ニアバイシェア」のスイッチの追加

(※)別途「USB Video Class(UVC)」に準拠するUSBキャプチャーアダプターが必要です

 さらに、au 5Gにおける3.5GHz帯通信サービスへの対応も合わせて行われる。

 なお、SOG01のOSバージョンアップで適用された新機能や機能改善のうち、以下のものはAndroid 10(バージョンアップ前)の時点で反映されている。

・「Cinematography Pro」における4K HDR/120fpsのスローモーション撮影のサポート

・「Photography Pro」における機能改善(撮影画面でのアスペクト比変更のサポート、メモリーリコールモードの追加、連続撮影時のフィードバックインジケーターの追加など)

・「サイドセンスバー」の機能改善

・「いたわり充電」の機能改善(バッテリーへの充電容量を常時制限する機能の追加など)

●バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは本体単体で行う方法と、本体と「Xperia Companion」をインストール済みのWindows PC/MacをUSBケーブルでつないで行う方法がある。いずれの場合も、データのダウンロードにインターネット回線が必要となる。

 端末単体で更新する場合の所要時間は約20分だが、端末の状態によってはより時間を要する場合もある。データ容量が大きいため、端末単体で更新を行う場合はWi-Fi(無線LAN)経由で行うことが推奨される。

 なお「TELASA(旧ビデオパス)」アプリにおいて、ダウンロードリストにコンテンツがある場合は一度削除してからバージョンアップする必要がある。万が一削除せずにバージョンアップを実行した場合、最長で48時間程度、ダウンロード済みのコンテンツの再生と新規ダウンロードが行えなくなる。