シャープは、2月中旬に同社の幕張事業所と広島事業所内へ「SHARP Local 5G Trial Field」を開設する。

 同社はローカル5Gネットワーク関連事業へ2021年度中に本格参入することを目指し、Sub6(4.6-4.9GHz)周波数帯を用いてSA(スタンドアロン)方式に対応したローカル5G無線基地局やコア装置の開発を進めている。本フィールドでネットワークを構築し、今後オープンに募集するパートナー企業と同社のローカル5Gネットワークと組み合わせた実証・検証を行いながら新たなソリューションを共創していく。

 幕張のフィールドには超高精細8K映像の伝送、モバイルエッジコンピューティングの遠隔支援などのデモ環境も常設。導入を検討する企業のシステムとの接続検証などにも活用し、スマート工場のような大規模な案件に加え、建設現場や医療施設、教育現場など中小規模な案件でもローカル5Gの活用拡大にも貢献するとしている。