LINEリサーチは、2月3日に音声SNS「Clubhouse」の調査結果を発表した。対象は全国の15歳〜59歳の男女で、有効回収数は1054サンプル。実施時期は1月30日〜1月31日。

 調査時点でサービスを「知っている」という回答は全体の2割弱だった。10〜20代は他の年代に比べて知っている割合が高く、10代は26%、20代は34%となった。実際に「利用している」「招待待ち」という利用者と利用意向者の割合は全体で2%にとどまった。

 この理由はClubhouseが日本でリリースされたばかりで現在はiOSのみに提供されており、ユーザーから招待されないと参加できない仕組みが要因と推測している。

 Clubhouseのサービス概要を確認した上で「使ってみたいと思う」「ぜひ使ってみたいと思う」「機会があれば使ってみたいと思う」を合わせた使ってみたいという割合は全体で22%。年代別では10〜20代が他の年代と比べ利用意向が高い傾向にあった。

 自由回答では、使ってみたいと思うユーザーから「文字だけでは伝えられない感情を表現できるのはとても楽しそう(女性/20代)」「話題だし、どんなものか試してみたい 流行に乗遅れたくない(男性/30代)」、使ってみたいと思わないユーザーから「音声でつぶやきたい内容が特になく、他人にオープンな状態で自分の声を聞かれるのはあまりいい気がしないから(女性/30代)」「サービス内容を見て、既存のSNSで十分だと思ったため(女性/30代)」などの意見が集まっている。