NTTドコモは2月3日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia 1 II SO-51A」「Xperia 5 II SO-52A」に対するOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 11」となる。

●バージョンアップの概要

 今回のバージョンアップでは、主に以下のAndroid 11の新機能を利用できるようになる。

・スレッド通知への対応(対応するメッセンジャー/SNSアプリで利用可能)

・新たな通知機能「バブル」の追加(同上)

・画面録画用のユーザーインタフェース(UI)の追加

・メディアコントロールの機能強化

・アプリへの権限付与の仕様変更(「今回のみ」許可への対応、長期間使っていないアプリに対する権限リセットなど)

 その他、以下のような新機能や機能改善が行われる。

・「Cinematography Pro」における4K HDR/120fpsのスローモーション撮影のサポート(※1)

・「Photography Pro」における機能改善(撮影画面でのアスペクト比変更のサポート、メモリーリコールモードの追加、連続撮影時のフィードバックインジケーターの追加など)(※1)

・カメラの外部モニターとして利用する機能の追加(※2)

・「サイドセンスバー」の機能改善(※1)

・「Game Enhancer」の機能改善

・「いたわり充電」の機能改善(※1)

・「ニアバイシェア」のスイッチの追加

・5Gエリアにおける上り通信で「256QAM」変調に対応(※3)

・「スグアプ」の追加(※1)

(※1)SO-51Aのみ(SO-52AではAndroid 10で対応済み)(※2)別途「USB Video Class(UVC)」に準拠するUSBキャプチャーアダプターが必要です(※3)SO-52Aのみ

 なお、Android 11にバージョンアップしたSO-51A/52Aでは、以下の仕様変更も行われる

「災害用キット」関連

・「エリアメール」の履歴表示機能を削除(履歴を残したい場合はスクリーンショットで対応可)

・エリアメールの「やさしい日本語表示」「翻訳・アプリ連携機能」の削除

・「災害用伝言板」の安否確認時、「災害用音声お届けサービス」のメッセージ送信時の宛先設定の仕様変更(発信/着信履歴の参照が不可能に)

・災害用音声お届けサービスの「到達確認」の非対応化

その他

・「スグ電」の発信機能の仕様変更(発信モーションの発信先が「左耳」「右耳」それぞれに指定した連絡先のみに)

・スグ電の「発信ランキング」機能を削除

・「迷惑電話ストップサービス」の仕様変更(番号指定拒否設定において、通話履歴からの登録が不可能に)

・ユーザー補助の「音量キーショートカット」の削除

●バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは本体単体で行う方法と、本体と「Xperia Companion」をインストール済みのWindows PCをUSBケーブルでつないで行う方法がある。いずれの場合も、データのダウンロードにインターネット回線が必要となる。

 本体単体でバージョンアップを行う場合は、端末設定から「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」と進み、更新の確認を実施することで作業を開始できる。通知が表示されている場合は、それをタップしてバージョンアップを始めることも可能だ。5G/Xi回線でデータをダウンロードする場合は、ドコモと直接契約した、spモードを契約しているnanoUIM(SIM)カードが必要となる。