2021年4月までに、大手キャリア各社から「データ通信容量無制限」をうたう料金プランが出そろいます。各社ともに「無制限」をアピールしていますが、その中身をよくよく見ると気を付けるべき制約もあります。

 今回の「5分で知るモバイルデータ通信活用術」では、大手キャリアの「無制限」プランで気を付けるべきポイントをチェックします。なお、記事中の料金は全て「税別」、通信速度は「理論値」です。

●NTTドコモ:テザリングも対象 ただし海外利用などは月間制限あり

 NTTドコモでは5G端末用の料金プラン「5Gギガホ」でキャンペーンとして月間データ容量を無制限としています。4月1日から提供を開始する「5Gギガホ プレミア」では、この無制限が正式なサービスメニューとして取り入れられます。

 ドコモの容量無制限の特徴はテザリング(インターネット共有)やデータ専用機器(ルーターやモデム)における月間データ容量も無制限という点にあります。これを意識してか、ドコモは5Gギガホ プレミアの料金説明において「ドコモならテザリングも無制限!」と強調しています。

 「固定インターネット回線代わりに使いたい」という場合は、ドコモの5Gギガホ(4月1日以降は5Gギガホ プレミア)が一番実用的に使えるでしょう。

 ただし、この容量無制限は国内で自回線を使った場合に限られます。また、5G端末用のプランであるためXi(LTE)端末では動作保証がなく、FOMA(3G)エリアでは利用できません。

 さらに、以下の通信については月間30GBまでのデータ容量制限が課されます。

・海外ローミング中のデータ通信(パケットパック海外オプション)

・「5Gデータプラス」「データプラス」子回線での通信

 これらの通信は、月間容量を超過すると5Gギガホでは最大3Mbps、5Gギガホ プレミアでは最大1Mbpsに速度が制限されます。5Gギガホ プレミアは微妙に「スペックダウン」しています……。

 5Gデータプラス/データプラスは、月額1000円で親回線のデータ容量をシェアできるデータ通信(通話非対応)プランです。「親回線と組み合わせて使うタブレットやデータ端末で使おう」と考える人もいるかもしれませんが、5Gギガホや5Gギガホと組み合わせて使う場合は、親回線とは異なり月間容量制限があることに気を付けましょう。

 容量無制限対象の通信は、上記の速度制限の影響を受けません。ただし、以下の状況のいずれかに当てはまる場合は、通信速度が通常よりも遅くなる可能性があります。

・直近3日間の通信量が特に多い場合

・ドコモの設備に影響を与える通信を行っていると判断された場合

・ドコモが指定する特定のコンテンツやアプリの利用(大量通信が確認された場合)

 以前も触れましたが、5Gギガホを契約している筆者や担当編集者は、データの通信が多くなったことに起因すると思われるあからさまな速度低下は経験したことがありません。GB(ギガバイト)級のデータを短時間に複数ダウンロードするなど、超が付くほど極端な通信をしなければ、速度制限のことはあまり気にしなくて良いと思われます。

●au:4G LTE向けプランでも容量無制限 ただし“端末単体”のみ

 auは、3月から提供する使い放題MAX 5G/4Gの他、以下のスマホ向けプランで月間のデータ容量を無制限としています。

・データMAX 5G/4G LTE

・データMAX 5G with Amazonプライム

・データMAX 5G/4G LTE テレビパック

・データMAX 5G/4G LTE Netflixパック(5Gは「P」付きプランを含む)

・データMAX 5G ALL STARパック

 au 4G LTEスマホ向けにも容量無制限のプランがあることが特徴です。auの場合、5Gスマホと4G LTEスマホでSIMカードの相互運用ができないため、4G LTEでも無制限プランが使えることは心強いです。

 ただし、5Gスマホ向けプランも含めて容量無制限は国内で自分の端末を使った場合に限られます。以下の通信については、プランごとに定められた月間容量制限があります。

・テザリング

・海外ローミング中のデータ通信(世界データ定額)

・「データシェア」子回線での通信

 プランごとの月間容量制限は以下の通りです。

・データMAX 5G/4G LTE、使い放題MAX 5G/4G:30GB

・データMAX 5G with Amazonプライム、データMAX 5G/4G LTE Netflixパック:60GB

・データMAX 5G/4G LTE テレビパック:70GB

・データMAX 5G ALL STARパック:80GB

 容量を超過した場合、容量制限対象の通信は最大128kbpsになりますが、「データチャージ」(500MBで550円、1GB/3GB/5GBは1GB当たり1000円)を別途購入すれば解除できます。

 国内における端末単体でのデータ通信はこの制限を受けませんが、以下のいずれかに当てはまる場合は通信速度が制限される旨が明記されています。

・大量のデータ通信の利用時または長時間接続を伴うサービスの利用時(動画・クラウドゲームなど)

・一定時間内に大量のデータ通信を行った場合

 大量のデータ通信の利用時または長時間接続を伴うサービスの利用時の速度制限について、auでは「フルHD画質での動画視聴など」に支障のない程度であるとしています。そのため、ストリーミングタイプの動画配信サービスでは「思ったよりも画質(解像度)が上がらないなあ……」ということも考えられます。ダウンロード視聴であればダウンロード時間に影響するかもしれません。動画目的で容量無制限プランを契約する場合は注意が必要です。

●ソフトバンク:5Gと4Gの共通プラン ただし“端末単体”のみ

 ソフトバンクでは、3月17日から提供を開始する4G/4G LTEと5Gの共通プラン「メリハリ無制限」で月間のデータ容量を無制限としています。厳密には、このプランは携帯電話回線契約の「基本プラン」、データ通信用の「データプランメリハリ無制限」(データ接続サービス込み)をセットとしたものです。

 メリハリ無制限は、auの無制限プランと同様に容量無制限は国内において端末単体でデータ通信をした場合に限られます。以下の通信については、30GBの月間(※)データ容量制限があります。

・テザリング

・「データシェア」子回線での通信

(※)ソフトバンクの場合は翌請求締め日までの1カ月間(以下同様)

 この制限を超過した場合、上記の通信における通信速度が最大128kbpsに制限されます。端末単体での通信でも時間帯によって、トラフィックの混雑を生じさせる通信について速度を制御することがあるとされています。具体的には、動画、ゲームなどのサービス、AR(拡張現実)コンテンツが対象になりますが、制限を掛ける可能性のある時間帯は明示されていません。

 注釈の書き方を見る限り、制限は極力掛けない方針だと思われますが、注意する必要はありそうです。

●楽天モバイル:容量無制限は「自社エリア」限定 1日単位の制限にも注意

 楽天モバイルでは現在、「Rakuten UN-LIMIT V」で月間のデータ容量を無制限としています。4月1日からは、1名義1回線に限り月額0円から利用できる「Rakuten UN-LIMIT VI」に移行しますが、上限額(月額2980円)まで到達すると容量無制限となることに変わりはありません。

 ドコモと同様に、Rakuten UN-LIMIT V/VIの容量無制限はテザリングやデータ専用機器での利用も対象となります。ただし、容量無制限は楽天モバイルの自社エリアのみが対象で、国内ローミング(au)エリアでは月間5GB、海外エリアでは月間2GBの通信容量制限があります。容量を超過した場合、通信速度が国内ローミングエリアでは最大1Mbps、海外エリアでは最大128kbpsに制限されます。

 楽天モバイルは自社エリアの整備途上で、サービス開始当初よりも広がってはいますが、他の大手キャリアと比べると狭いことは否めません。そのためauネットワークへのローミングがある意味で「命綱」ですが、月間5GBまでとなると使い方次第ではあっという間に速度制限がかかってしまいます。

 とはいえ、国内ローミングエリアで制限がかかった場合の速度は1Mbpsと少し高めです。動画は厳しいかもしれませんが、それ以外の使い道であれば意外と使えるかもしれません。

 「自社エリア内なら容量無制限で通信できるのか!」と思った人もいると思いますが、全く制限があるわけではありません。「公平にサービスを提供するため」に通信速度の制御を行うことがあるとされています。

 他の大手キャリアの大容量プランでは、曖昧ながらも通信制限が掛かる、あるいは掛かる可能性がある利用例を挙げています。しかし、Rakuten UN-LIMIT V/VIではいつ、どのくらい、どのような通信をすると制限対象になるのかを全く示していません。

 この問題については、この連載でも過去に取り上げています。検証を通して1日当たり10GB以上通信すると、当日の通信速度が最大1Mbps前後(現在は3Mbps前後)に制限されるということは分かりました。ただ、これはあくまでも“検証”の結果であって、楽天モバイルが自ら公表したものではありません。

 この制限は、少なくとも「無料サポータープログラム」として提供されていた時点ではありませんでした。同プログラムからRakuten UN-LIMIT Vに移行したユーザーは、この制限について特に告知されることなく適用されるようになりました。

 Rakuten UN-LIMIT VIに見られるように、楽天モバイルは積極的に料金プランを改定して大手キャリアに果敢に挑んでいます。しかし、大手キャリアと比べるとユーザーにとってマイナスな情報は積極的に告知しない点はどうしても引っかかります。

 筆者は「帯域制限はけしからん、即刻撤廃すべきだ」と言いたい訳ではありません。ネットワークリソースは有限なので、一定の制限を設けるのは当たり前のことです。ユーザーも理解しやすい形で制限条件をある程度示すべきだと言いたいのです。

できうる限りの努力を行っても帯域制限をせざるを得ないのであれば、少なくともその制限ルールについて、契約者が理解しやすい形で広めるべきである。と言いたいのです。

 Rakuten UN-LIMIT VIの発表会で、同社の三木谷浩史会長(楽天社長)は「楽天モバイル回線でPlayStation 5(PS5)のゲームをダウンロードするユーザーもいる」と、自社ネットワークにおける容量無制限をアピールしていました。しかし、PS5のゲームは50GBを超えるものもあります。先述の通り「1日当たり10GB」の制限があることを考えると、最初の10GBくらいはスイスイとダウンロードできても、残りの40GBが“待てど暮らせど”な可能性があります。

 三木谷会長の発言の意図は不明ですが、春の引越しシーズンに向けて、楽天モバイルも固定回線の代替に適したデータ通信機器、あるいは制限条件の変更を準備しているのかもしれません。期待したい所です。

 ここまで、キャリア4社の「容量無制限プラン」を見てきました。

 少なくともスマホ単体で行う通信については、これまでよりも手頃な価格でたくさん通信できるようになりました。良い時代になったと個人的には思います。

 とはいえ、スマホとその他の機器(PCやゲーム機など)との通信“内容”の差がそれほど大きくない昨今において、テザリングだけ別途容量制限を設けるのは合理的なのか……など、各種提供条件は随時見直してほしいとも思います。