MM総研は、3月17日に「携帯キャリア4社の新料金プラン利用意向調査」の結果を発表した。本調査は15〜79歳の男女にアンケートを行い、スマートフォンで音声通話SIM(音声+データ通信)を契約している9048人を対象としている。調査期間は2月20日〜2月22日。

 4キャリアの新料金プランの認知度は、NTTドコモの「ahamo」が73.7%でトップ。以下、auの「povo」が51.3%、ソフトバンクの「LINEMO(アンケート時は「SoftBank on LINE」)」が51.5%、楽天モバイルの「RakutenUN-LIMITVI」の55.1%となった。

 先行予約済みを含み、利用を予定していると回答したのは合計で25.7%。内訳はahamoが10.7%、povoが4.6%、LINEMOが3.0%、Rakuten UN-LIMIT VI(Rakuten UN-LIMIT Vからの継続利用も含む)が7.4%となった。

 新プラン利用予定者の年代分布は、ahamoとLINEMOが20代と30代あわせて約45%を占め、50代以降が約25%だった。また、povoは20代と30代あわせて約55%と4キャリアの中でも若年層の割合が高く、50代以降の割合は約20%だった。Rakuten UN-LIMIT VIは20代と30代あわせて約40%を占め、50代以降が約35%となる。

 さらに新プラン利用予定者を、現在利用しているキャリア別で分析した。その結果、ahamoを利用予定と回答したユーザーの71.6%がドコモユーザーだった。povoは84.0%がau・UQmobileユーザー、LINEMO」74.4%がソフトバンク・Y!mobileユーザー、2.6%がLINEモバイルユーザー、Rakuten UN-LIMIT VIは41.9%が楽天自社回線ユーザー、14.7%が楽天MVNOユーザーだった。