2019年12月に日本市場に参入した中国メーカーのXiaomi。日本市場での販売実績はまだ1年強と短いが、矢継ぎ早に目玉となる端末を投入して、存在感を高めている。短期間でKDDIやソフトバンクとタッグを組み、キャリアモデルを投入してきたインパクトも大きい。ソフトバンクから発売された「Redmi Note 9T」は、日本の独自機能であるおサイフケータイにも対応する。

 そんなXiaomiは、2021年の日本市場でのテーマを“再定義”に定めている。上記のRedmi Note 9Tは5Gスマートフォンを再定義した1台。同時にSIMロックフリーで発売した「Redmi 9T」は、エントリーモデルを再定義して、これまでのスマートフォンを大きく上回るコストパフォーマンスを見せつけた。

 同社が次に送り出すのが、「ミドルレンジスマートフォンの再定義」をうたう「Redmi Note 10 Pro」だ。このモデルはハイエンドモデルの性能を引き継ぎつつ、3万4800円(税込み、以下同)とミドルレンジモデル並みの価格を実現したスマートフォン。従来のミドルレンジモデルを基準に見ると、カメラ、ディスプレイ、デザインやパフォーマンスも含めた体験が大きく変わっているという。まずは、その中身を見ていきたい。

●ハイエンドの性能をミドルレンジ価格で――お値段以上のRedmi Note 10 Pro

 ミドルレンジモデルというと、必要十分な機能を備えたベーシックな端末という印象が強い。明確な定義はないが、Webを見たり、SNSを楽しんだりするには十分な性能を持つ端末が、ミドルレンジモデルと見なされてきた。価格は3万円前後。プロセッサは、Qualcomm製ならSnapdragon 6シリーズか、一部7シリーズが採用される傾向がある。カメラなどの性能も底上げされてきた一方で、ハイエンドモデルと比べると、やや物足りなさが残るのもミドルレンジモデルの特徴といえる。

 これに対し、Xiaomiはハイエンドモデルのエッセンスをミドルレンジモデルに持ち込み、Redmi Note 10 Proを開発した。3万4800円で購入できるミドルレンジモデルに抱いているであろうユーザーのイメージを一変させるという意味を込め、「ミドルレンジモデルの再定義」と銘打った格好だ。同社の東アジア担当ゼネラルマネージャーのスティーブン・ワン氏によるとお、Redmi Note 10 Proは、カメラ、ディスプレイ、デザイン、体験の4つが、従来のミドルレンジモデルと大きく異なるという。

 分かりやすいのが、カメラだ。ミドルレンジモデルの中にも、4800万画素クラスのカメラを備えた端末は徐々に増えているが、Redmi Note 10 Proは、ハイエンドモデルと並ぶ1億800万画素のカメラを搭載。画素数の多さは画質とイコールではないものの、同機のカメラは1/1.52型とセンサーサイズが大きく、さらに9つのピクセルを1つにして受光量を上げる「2.1μmスーパーピクセル」にも対応する。

 1億800万画素のカメラは、Xiaomiが日本参入時に投入した「Mi Note 10(Pro)」に搭載されていたもの。Mi Note 10は発売時の価格が5万8080円。カメラ性能の割には安かったが、ミドルレンジ上位のモデルとしては、やや安い程度の位置付けだった。約1年たち、このカメラがミドルレンジモデルにまで落ちてきたというわけだ。3万4800円の端末に搭載されたカメラとしては、異例のスペックといえる。

 3万円台のミドルレンジモデルだと、ディスプレイが液晶であることも多いが、Redmi Note 10 Proはコントラスト比の高い有機ELを採用する。しかも、ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzだ。ハイエンドモデルでも120Hzに満たないディスプレイを搭載する端末がある中、この価格のミドルレンジモデルに採用されたインパクトは大きい。ワン氏も、「違いは一目瞭然」と自信をのぞかせた。

 3Dカーブガラスを採用した背面のデザインや、「UFS 2.2」の高速なストレージも、ハイエンドの風格を感じさせるところだ。プロセッサは「Snapdragon 732G」で、パフォーマンスも妥協していない。ワン氏がデザインや体験を再定義したと語っているのは、そのためだ。

●コストパフォーマンスの高さが受け、販売を伸ばすRedmiシリーズ

 ただし、Snapdragon 732Gはミドルハイのスマートフォンに採用されるプロセッサで、8シリーズのSnapdragonに比べると、処理能力は落ちる。10万円前後のハイエンドモデルをそのままコストダウンしたというわけではなく、その一部を取り入れたという方が正確だろう。ワン氏も「4G用のチップを使い、カメラやディスプレイといった他の部分で付加価値を付けている。全てがトレードオフ」と認める。

 コストダウンの痕跡は、他にも見え隠れする。例えば、通信方式。グローバルでは「Redmi Note 10 5G」という5G対応のバリエーションがある一方で、Redmi Note 10 Proは4Gのスマートフォンになる。カメラもクアッドカメラだが、1つは深度測定用で写真は撮れない。また、メインの広角カメラは1億800万画素だが、超広角カメラは800万画素、望遠接写カメラは500万画素と、画素数は低めだ。ワイヤレス充電にも非対応。こうした点は、ミドルレンジモデルなりのスペックといえる。

 それでも、このスペックで3万4800円は安い。Redmiシリーズは、Xiaomiの普及価格帯を担うモデルで、最新鋭の仕様を盛り込むよりも、機能と価格のバランスを上手に取った端末が多い。ハードウェアの利益率を5%以下に抑えつつ、ボリュームを出してコストダウンを図るといったXiaomiの戦略を体現したようなシリーズといえる。単にコストパフォーマンスが高いだけでなく、ハイエンドモデルのエッセンスを盛り込むことで、Redmiシリーズならではの特色を出している様子もうかがえる。

 この戦略が奏功し、Xiaomiのシェアはグローバルで急拡大している。2020年の営業収益は2459億元(約4兆1424億円)で、コロナ禍前の2019年から19.4%の成長。グローバルでのシェアは、2020年第4四半期に3位となった。出荷台数は前年同期比で31.4%と、他のメーカーに比べても高い成長率を示している。Redmi Noteシリーズの累計販売台数は2億台を超え、2020年の端末別販売台数では、トップ15に4機種がランクインした。今やXiaomiにとって、Redmiシリーズが稼ぎ頭になっているといえそうだ。

●日本市場での存在感も徐々に高まる、ハイエンドモデルの投入はあるか

 参入から1年強ということもあり、日本でのXiaomiのシェアはまだまだ小さい。例えば、IDC Japanが2月に発表した2020年通期のメーカー別シェアは、1位がApple、2位がシャープ、3位が富士通、4位がSamsung、5位が京セラで、Xiaomiは16.0%のその他に含まれている。第4四半期単体で見ても結果は同じだ。一方で、BCNランキングの3月15日から21日の実売データで、Redmi 9Tが首位を取っているように、その高いコストパフォーマンスは評価されつつある。

 その評判を受け、販路も徐々に広がっている。先に挙げたKDDIやソフトバンクが販売するキャリアモデルはその一例だが、Redmi Note 10 Proも、大手家電量販店に加え、イオンモバイルやIIJmio、goo Simseller(OCN モバイル ONE)、BIGLOBEモバイルといった大手MVNOが取り扱いを表明している。Huaweiが米国の制裁でGMS対応Androidを投入できず、かつて高いシェアを誇っていたASUSもミドルレンジモデルの開発を中止してしまった中、OPPOに続いて、急速に存在感を増している1社といえそうだ。

 ただし、日本ではまだミドルレンジモデルやエントリーモデルが中心で、Xiaomiの技術力をアピールできるハイエンドモデルの投入には至っていない。グローバルでは、同社初のフォルダブルスマートフォン「Mi MIX Fold」や、Snapdragon 888を採用した「Mi 11」とそのバリエーションモデルなど、多彩なハイエンドモデルを発表したばかりだが、いずれも日本での展開は未定。日本上陸時にはMi Note 10シリーズを投入したが、それ以降はミドルレンジモデルに軸足を移している。

 ワン氏が「フラグシップモデルは導入したいと思っている」と語っていたように、Xiaomiにも、その意思はあるようだ。一方で、「フラグシップモデルは技術や、サービスなど、技術以外の要素への投資が必要になり、ミドルレンジモデルやローエンドモデルと比べると、参入に時間がかかる」(同)という。単に端末を販売するだけでなく、周辺のサービスも含めて投入しようとしていることがうかがえる。

 特に日本では、2019年10月の電気通信事業法改正以降、ハイエンドモデルの販売に急ブレーキがかかっている。市場環境を踏まえると、日本市場に参入して2年目のXiaomiが慎重になるのは必然ともいえる。ただ、Xiaomiは最新の技術を取り入れるのが早く、技術力も高い。ハイエンドモデルはブランドイメージを作りやすいだけに、シェアをさらに伸ばすためには、投入する必要性がありそうだ。ワン氏は「多くの消費者が必要とし、楽しめる。そういったデバイスを用意したい」と語っていたが、そのときが来ることを期待したい。