南海電鉄が、クレジットカードのタッチ決済に対応した改札機の実証実験を4月3日に開始した。クレジットカードをタッチすることで、Suicaのような交通系ICと同様に電車に乗れる仕組みだ。今回、実験開始の様子を報道向けに公開されたので、詳細をレポートする。

●タッチ決済ができる自動改札機を試験導入

 南海電鉄のクレジットカード対応改札は、同社と三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの4社によるもので、Visaのタッチ決済とQRコードに対応した自動改札機を南海電鉄の駅に設置。駅構内への入出場を記録して運賃を徴収する仕組みだ。

 鉄道としては、既に同じ3社による仕組みを京都丹後鉄道が導入しているが、こちらは駅や電車内に設置されたリーダーに対応カードをかざす仕組み。南海電鉄は自動改札機を試験導入して、改札機と連動させている点が新しい。クレジットカードのタッチの場合は乗車距離に応じた都度運賃、QRコード決済の場合は「南海デジタルチケット」を事前に購入して、それを使って乗車する形となる。

 いずれの場合も、専用の自動改札機にクレジットカードでタッチするか、QRコードをスマートフォン画面に表示してリーダーにかざすことで改札機を通過して乗車する。出口改札機で出場する際も同様だ。今回、QRコードによる南海デジタルチケットは、4月15日発売のため、南海電鉄のデモでのみ確認している。

 クレジットカードでの乗車に対応しているのはVisaブランドのカードで、NFC機能を内蔵した「Visaのタッチ決済」対応カードのみ。物理カードに加えて、Apple PayとGoogle Payでの利用も可能。ただし国内発行のVisaカードはApple Payに対応しておらず、Google PayにNFCでの決済として登録できるのは、一部のデビットカードかプリペイドカードのみとなる。

●チャージ不要でそのままタッチ、読み取り速度はまずまず

 Visaの物理カードは、比較的最近のものならほとんどがタッチ決済に対応しているため、多くの人がそのままVisaのクレジットカードをタッチして乗車できる。こうした「オープンループ」の仕組みで自動改札機が利用できるのは、国内では初の事例となる。

 Suicaのような交通系ICとは異なり、事前に購入、チャージの必要はなく、Visaのクレジットカードならそのままタッチすればいい。交通系ICに比べて一瞬の間があった後、改札が反応して入場できるようになる。4G通信でクラウドと接続して、毎回通信を行っていることもあって、反応は決して機敏ではない。

 南海電鉄によれば、メインターミナル駅の「なんば駅」での1日の乗降客数は約26万人。この規模の乗降客数をカバーできるか、そうした点も検証することが実験の狙いの1つだ。

 実際にタッチ決済で改札を通過する様子を見たところ、タッチしてから一瞬間があり、ゲートが開く。交通系ICのように歩きながらタッチしてもほぼ同時にゲートが開くというスピードではない。ただし、交通系ICほどのスピードが必要かどうかはまた別問題なので、今後の検証次第だろう

 また、クレジットカードのNFCは電波強度がそれほど強くはなく、カードを完全にリーダーにタッチさせないと読み取れない。このあたりは、少し浮かせた状態でも機敏に反応する交通系ICとは異なる点だ。また、クレジットカードのNFC電波の強度を強くすると、非接触のスキミングも懸念されるため難しいところではある。とはいえ、今回の実験が「JR新宿駅のピーク時間の乗降客をさばく」といった、世界でもまれな状況を想定しているわけではないため、南海電鉄では現状のスピードが十分かどうかを実験で判断する。

 クレジットカードで入場すると、その記録はQUADRACのサーバに送信される。出場時には入場記録と照合して運賃を算出して決済を行う。毎回、4Gによる通信を行っているため、改札機には出場時の運賃が表示される。これが最大で500ミリ秒程度の時間となっており、最終的に「交通系ICよりは遅いが、改札機で立ち止まるほどではない」というスピード感になる。

 感触としては、「交通系ICのように前の人に接近して連続して通る」といったやり方だと、処理が追い付けない可能性は高い。コロナ禍の状況でもあり、「ソーシャルディスタンスを保って1〜2mほど間隔を空けて通れば問題ない」という印象だった。

●現状、Google Payでは利用履歴を確認できない

 入出場の記録は、QUADRACのQ-moveにユーザー登録して、クレジットカード番号を登録すると確認できる。こちらはすぐに反映されるが、実際の決済は「1日分をまとめて夜中に行う」というのが南海電鉄側の説明。実際に使ったカードを確認すると、Google Payを使ったデビットカードは、翌日の朝6時頃に決済が行われ、引き落とされていた。

 それに対して三井住友カードのナンバーレスカードを使った決済は2日後に決済が行われた。三井住友カードによれば「クレジットカードは売上データを取り込んでから通知するが、デビットやプリペイドはオーソリデータを受信した時点で通知するためタイミングが異なる」という。

 またGoogle Payに登録したカードの場合、「バーチャルアカウント番号」が発行されてトークン化が行われる。そのため、クレジットカード番号自体を登録してもQ-moveには履歴として表示されない。そのため、現在はGoogle Payで利用履歴を個別に確認するすべはないが、「近日中にひも付けている親カードで履歴照会を行えるよう対応予定」(三井住友カード)とのこと。

●鉄道にタッチ決済を導入するメリット

 今回は実証実験のため、対応改札機を設置しているのは南海電鉄の一部駅で、なんば、新今宮、天下茶屋、堺東、関西空港などに加え、高野山、高野下、九度山という観光地のローカル駅にも設置され、全部で16駅32改札が対応する。毎回、4G通信が行われるため、通信頻度が高いターミナル駅と、通信環境が良好とは言いがたいローカル駅の双方で実験を行う。

 クレジットカードでの公共交通利用は、例えば英ロンドンなど、複数の国で始まっている。手持ちのクレジットカードでそのまま鉄道に乗車できるため、海外の旅行者にはメリットが大きく、日本人でも交通系ICを購入したりチャージしたりせず、そのまま鉄道に乗車できるというメリットがある。

 日本では、多くの公共交通機関で交通系ICが使えるので、メリットは大きくはないが、交通系ICよりも導入が容易で低コストになるため、これまで交通系ICを導入できなかった交通機関でも利用しやすい。コロナ禍の現状はともかく、今後海外からの旅行者を重視するエリアならメリットも大きくなるだろう。海外発行のVisaカードであればApple Payに登録してNFCによるタッチ決済が可能なため、Apple Payを使う海外からの旅行者もカバーできる。

 同時に、観光エリアの店舗がタッチ決済対応を進めれば、鉄道に乗って観光地に来て店舗で買い物などの支払いをする、という一連の流れがクレジットカードのタッチで全て賄える。そうした状況になれば、今後も拡大するであろうグローバル的な非接触決済のニーズもカバーできる。タクシーやバスなどとも連携するMaaSの分野にも発展できるだろう。

●対応カードが少ないのは課題

 関西は、関東の交通事情とは異なり、複数の鉄道会社の相互乗り入れが少ないことから、今回のようなVisaのタッチ決済対応改札機の導入がしやすいという面はある。南海電鉄では、12月12日までの8カ月間という長期間の実験を行うが、その間にQRコード決済のデジタルチケットを複数発行して実験を行う予定。その分、クレジットカードのタッチ決済での改札の動向も長く実証できる。

 前述の通り、日本ではVisaがApple Payに対応していないこと、Google PayにNFCのタッチ決済として利用できるカードが一部のデビットカードとプリペイドカードのみということは課題の1つだ。鉄道事業者にとってもユーザーにとってもニーズは高いはずで、このあたりはVisa側の対応に期待したいところ。

 現時点で、対応カードがVisaブランドのみという点も課題だ。JCBやMasterCard、アメリカンエクスプレスなど、他のカードブランドをどのようにサポートするか、処理スピードをどのように判断するか。京都丹後鉄道に比べて大手の南海電鉄による長期間の実証実験は、鉄道へのタッチ決済導入の大きな試金石になるだろう。