サムスン電子ジャパンは4月8日、Androidスマートフォン「Galaxy S21」シリーズを国内に投入することを発表した。日本国内では、NTTドコモが6.2型の「Galaxy S21 5G」と6.8型でSペン(スタイラスペン)に対応する「Galaxy S21 Ultra 5G」を、au(KDDIと沖縄セルラー電話)がGalaxy S21と6.7型の「Galaxy S21+」を取り扱う。ドコモとauは4月8日から販売予約を受け付け、4月22日に発売する。

【更新:11時40分】記事の内容を更新しました

●Galaxy S21 5G SC-51B/Galaxy S21 5G SCG09

 日本向けのGalaxy S21 5Gは、おサイフケータイ(モバイルFeliCa)に対応するカスタマイズが施されている。NTTドコモ向けモデルは「Galaxy S21 5G SC-51B」、au向けモデルは「Galaxy S21 5G SCG09」として販売される。オンラインショップおよび直営店(KDDIのみ)における販売価格(税込み)は、SC-51Bが9万9792円、SCG09が11万8540円となる。

 SC-51Bはドコモの、SCG09はauのSub-6帯の5Gネットワークに対応している。5Gエリアにおける最高通信速度(理論値)は、SC-51Bが下り4.2Gbps/上り218Mbps、SCG09が下り3.4Gbps/上り183Mbpsとなる。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 888」で、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは256GBを備える。ディスプレイは6.1型のDynamic AMOLED(有機EL)で、画面の上部中央にインカメラ用のパンチホール(穴)が設けられている。解像度はフルHD+(1080×2400ピクセル)だ。ディスプレイ内には指紋センサーも備える。

 アウトカメラは1200万画素(120度超広角/F2.2、固定フォーカス)+1200万画素(広角/F1.8、デュアルピクセル、光学手ブレ補正)+6400万画素(3倍望遠/F2.0、空間検出AF、光学手ブレ補正)の3眼構成で、インカメラは1000万画素のシングル構成となる。

 バッテリー容量は4000mAh。連続待ち受け時間はSC-51Bが約270時間(LTEエリア)、SCG09が約430時間で、連続通話時間はSC-51Bが1450分(VoLTE AMR-WB)、SCG09が約1750分となる。ボディーカラーはファントムバイオレット、ファントムグレー、ファントムホワイトの3つだ。

●Galaxy S21+ 5G SCG10

 「Galaxy S21+ 5G SCG10」はGalaxy S21+のau向けモデルで、おサイフケータイに対応するカスタマイズが施されている。auのSub-6帯の5Gネットワークに対応しており、5Gエリアでの最高通信速度(理論値)は下り3.4Gbps/上り183Mbpsとなる。auオンラインショップとKDDI直営店での販売価格(税込み)は、13万8730円となる。

 ディスプレイは6.7型Dynamic AMOLEDで、画面の上部中央にインカメラ用のパンチホール(穴)が設けられている。解像度はフルHD+(1080×2400ピクセル)だ。ディスプレイ内には指紋センサーも備える。

 バッテリー容量は4800mAh。連続待ち受け時間は約520時間で、連続通話時間は約2040分となる。ボディーカラーはファントムシルバーと、ファントムブラックの2つを用意する。

 その他の基本仕様は、SCG09と同一だ。

●Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

 「Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」はGalaxy S21 Ultraのドコモ向けモデルで、おサイフケータイに対応するカスタマイズが施されている。ドコモのミリ波を含む5Gネットワークに対応しており、5Gエリアでの最高通信速度(理論値)は下り4.2Gbps/上り218Mbpsとなる。ドコモオンラインショップでの販売価格は15万1272円だ。

 プロセッサはSnapdragon 888で、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GBを備える。ディスプレイは6.8型のDynamic AMOLED(有機EL)で、画面の上部中央にインカメラ用のパンチホール(穴)が設けられている。解像度はWQHD+(1440×3200ピクセル)だ。ディスプレイ内には指紋センサーも備える。別売のSペンを用意すれば、ペン操作にも対応する。

 アウトカメラは1200万画素(120度超広角/F2.2、デュアルピクセル)+1億800万画素(広角/F1.8、空間検出AF、光学手ブレ補正)+1000万画素(10倍望遠/F4.9、デュアルピクセル、光学手ブレ補正)+1000万画素(3倍望遠/F2.4、デュアルピクセル、光学手ブレ補正)の4眼にレーザーAFセンサーを組み合わせた構成となっている。インカメラは4000万画素のシングル構成だ。

 バッテリー容量は5000mAh。連続待ち受け時間は約280時間(LTE)で、連続通話時間は約1760分(VoLTE AMR-WB)となる。ボディーカラーはファントムシルバーと、ファントムブラックの2つを用意する。

●予約&購入キャンペーン

 Galaxy S21 5Gシリーズの発売を記念して、サムスン電子ジャパンはシリーズの「予約&購入キャンペーン」を開催する。発売前日(4月21日)までに予約をした上で5月9日までに端末を購入すると、機種に応じてもれなく以下のGalaxy Budsがプレゼントされる。

・SC-51B:Galaxy Buds+

・SC-52B:Galaxy Buds Pro

・SCG09:Galaxy Buds+(White)

・SCG10:Galaxy Buds Pro(Violet)

 応募は4月22日から5月16日まで、ドコモ向けの機種(SC-51B/52B)ではプリインストールされている「Galaxy Members」アプリから、au向けの機種(SCG09/10)では特設の応募フォームから受け付ける。