2021年3月26日〜27日にXiaomiが中国・北京で新製品発表会を開催し、スマートフォンのフラグシップモデルやスマート家電、そしてスマートEV(電気自動車)への参入を発表した。今回の発表会は2日間に分けて行われたもので、Xiaomiとしては初の試みだ。他のメーカーでも2日間に分けてスマートフォン4モデルを一気に発表する例は珍しく、今回のXiaomiの新製品にかける意気込みが強く伝わってくるものであった。

●折りたたみスマホ競争でHuaweiを抜いた

 今回の発表会での一番の目玉となる製品は折りたたみディスプレイを搭載する「Mi Mix Fold」だ。ディスプレイを内側に折りたたむ構造はHuaweiが2月に発表したばかりの「Mate X2」、そしてSamsungの「Galaxy Z Fold2」と同じだ。Xiaomiはこの同じ形状の折りたたみスマートフォンで、世界最大サイズとなる「8.01型」を実現。Huawei Mate X2とのサイズ差はわずか0.01型だが、解像度は2480×1860ピクセルでアスペクト比は4:3となる。Mate X2は2480×2200ピクセルと高解像度だが、アスペクト比は4:3.5となる。そのため、動画を表示するときはMi Mix Foldの方が広く表示でき、より臨場感あふれる動画再生が可能だという。

 AppleのiPad mini(2019年モデル)との比較では、iPad miniは本体サイズがMi Mix Foldより大きいにもかかわらず、ディスプレイサイズは7.9型と小さい。Mi Mix Foldは8型クラスのタブレットと比べても優位性があり、しかも他社の折りたたみスマートフォンよりも高いユーザー体験を提供できるとしている。

 横折り式の折りたたみスマートフォンは、大きい画面を普段はたたんでコンパクトなサイズで持ち運べる点が大きなメリットだ。つまり開いたときの画面サイズは大きいほどいい。一方で、閉じたときのサイズはスリムな方がポケットにも収納しやすい。Mi Mix Foldの閉じたときのサイズは69.8(幅)×173.3(高さ)×17.2(奥行き)mm、Mate X2は74.6(幅)×161.8(高さ)×14.7(奥行き)mm。Mi Mix Foldは縦に長いものの横幅は細く、300gを超える重量級の本体を片手でも楽に持つことができそうだ。

 このように、Mi Mix Foldは折りたたみ型というデザインのスマートフォンとして使いやすさを高めたが、それだけではなくカメラにも新しい技術を投入した。1億800万画素のメインカメラに加え、業界初という液体レンズを使ったカメラを搭載したのだ。ここ数年、スマートフォンのカメラ技術ではHuaweiが業界をリードしていたが、Mi Mix FoldではXiaomiが新しい技術を真っ先に採用した。液体レンズは複数レンズの組み合わせを不要とし、スマートフォンのような小さいデバイスに組み込み、高倍率の望遠性能を実現する。これからのスマートフォンの主流となるかもしれない、先進的なカメラ技術なのである。

 多くのメーカーが光学5倍や10倍といった高倍率レンズを採用しているが、ペリスコープ方式のためカメラモジュールは大きくなってしまう。液体レンズはレンズ部分を小型化でき、本体が小さいスマートフォンでも数倍の光学望遠を実現できる。Mi Mix Foldでは液体レンズにより光学3倍または80mm相当のマクロ撮影を可能にしている。どの程度の写真品質なのかは実機を触ってみないと分からないものの、液体レンズの採用はXiaomiのカメラ技術がHuaweiに劣っておらず、互角の戦いができることを証明したといえる。

 Huaweiが2月にMate X2を発表したとき「SamsungのGalaxy Z Fold2よりも性能が高く使いやすい」という点を大きくアピールした。しかしそれからわずか1カ月後、今度はXiaomiがそのMate X2を上回る折りたたみスマートフォンを市場に投入した。折りたたみスマートフォンは各社がハイエンドかつプレミアム製品として展開する、メーカーの「顔」ともなる製品だ。その折りたたみスマートフォンの中で頂点に立つ製品を出したことで、「スマートフォン市場のリーダーはXiaomi」という印象を全世界にアピールしたといえるだろう。

●若者向けのスマホでブランド力をアップ、OPPOやVivoへも対抗

 Mi Mix Fold発表の前日にはXiaomiのスマートフォンのメインラインである「Mi」シリーズの最上位モデル「Mi 11 Ultra」が発表された。シリーズ中核モデルとなる「Mi 11」は2020年12月に発表しており、Mi 11 Ultraはそれから3カ月後に発表された。これは打倒Huaweiを目指す狙いがあったからだろう。

 Huaweiは例年、カメラ性能を高めた「P」シリーズを4月ころに発表している。Pシリーズは業界最高のカメラ品質を誇るとともに、スペックも高い同社のフラグシップモデルだ。しかし2021年に登場予定の「P50」(仮称)は、米国の制裁を受けた関係から、発表スケジュールは確定されていない。HuaweiのPシリーズは世界中に愛好者が多いが、2020年モデル「P40」シリーズはGoogleサービスが非搭載だったことから販売は思わしくなかったとみられている。XiaomiはHuaweiの2021年フラグシップ製品が出る直前にMi 11 Ultraを投入することで、Huaweiの最高カメラフォンを待ち望んでいる消費者に自社製品を売り込もうと考えているのだろう。

 一方、ミドルハイレンジモデル「Mi 11青春版」も発表会ではしっかりと説明が行われた。Huaweiなど他社の新製品発表会ではハイエンドモデルを中心に紹介し、中低位モデルはアナウンスだけを行う、ということが多い。しかしMi 11青春版はカラフルな本体カラーを中心に「楽しいスマートフォン」として若い層にアピールを行った。

 Mi 11青春版はSnapdragon 780Gを搭載。メインカメラは6400万画素でインカメラも2000万画素とスペックが高く、セルフィー需要にも対応する。また本体重量は159gと軽量で片手でも楽に持てる。iPhoneよりもベゼル幅が薄くディスプレイ体験も高いという。基本性能はしっかり押さえつつ、春を感じさせる6色展開のカラバリにより20台前半の若者をターゲットにしている。価格は2299元(約3万9000円)だ。

 Xiaomiは低価格モデル「Redmi」シリーズも積極的に展開しており、スペックを抑えた製品も多くラインアップは広い。だが正直なところ、中国の若い層はRedmiを買うならOPPOやVivoの低価格モデルを選ぶ傾向がある。Xiaomiはコストパフォーマンスを売りにした製品が多いものの、同じ価格帯のOPPOやVivoの製品よりブランドイメージは低い。最近では若者をターゲットにしたrealmeもシェアを伸ばしており、Xiaomiとしては女性層など、これまで弱かったユーザーに販売を広げることが販売数増に大きくつながる。

 Mi 11青春版がXiaomiの「どことなく安い」というイメージを払拭(ふっしょく)させることができれば、Xiaomiを持つことがファッションやトレンドになり、価格やスペックを抜きにしてもXiaomiを買おうと思う消費者が増えるだろう。Mi Mix FoldやMi 11 Ultraのようなハイエンドフォンは性能を重視するユーザーなら黙っても買っていく。ボリュームゾーンともいえる一般消費者が、HuaweiやOPPO、Vivoではなく真っ先にXiaomiを選ぶようになれば、Xiaomiのスマートフォン販売数は一気に増加するだろう。

 2020年の世界のスマートフォン市場は1位Samsung、2位Apple、3位Huawei、4位Xiaomiだった。HuaweiはHonorを分社化したことや、米国の制裁の影響で2021年は出荷台数を大幅に減らすと予想されている。2021年はXiaomiが世界シェア3位になることは確実といえる。しかしXiaomiが目指すのは3位の位置ではなく、現時点で約5000万台の差をつけられている2位Appleを抜くことだろう(数値はガートナー調査)。2020年は一瞬とはいえHuaweiがSamsungを抜いて1位にもなった。Huaweiを抜き去ったXiaomiがさらに上を目指していけば、AppleどころかSamsungを抜き世界シェア1位の座に躍り出ることも夢ではないだろう。