ソニーが4月14日、ミッドレンジXperiaスマートフォンの新機種「Xperia 10 III」を発表。2021年初夏以降、日本を含む国と地域で販売する。

 Xperia 10 IIIは、ミッドレンジXperiaとして初めて5Gに対応したモデル。カラーはブラック、ホワイト、ブルー、ピンクの4色で展開する。

 Xperia 10 IIIは、2020年に発売した「Xperia 10 II」よりも大容量のバッテリーを備えて5Gに対応しながら小型化を果たしている。サイズは68(幅)×154(高さ)×8.3(奥行き)mmで、Xperia 10 IIよりも3mm低く、1mm細くなっている。バッテリー容量はXperia 10 IIの3600mAhから4500mAhに増量。またバッテリーは3年使っても劣化しにくいものを採用している。

 ディスプレイは、アスペクト比が21:9の6.0型フルHD+、HDR対応の有機ELを搭載している。新たなマルチウィンドウ機能として、表示中のウィンドウの上に別のウィンドウを重ねて表示するポップアップウィンドウ機能を利用できるようになった。

 ディスプレイ面と背面の両方に強化ガラスの「Corning Gorilla Glass 6」を採用。IP68の防水・防塵(じん)にも対応している。

 アウトカメラは1200万画素の広角、800万画素の超広角、800万画素の望遠で構成され、焦点距離はそれぞれ27mm、16mm、54mmとなる。被写体に応じて最適な画質で撮影する「プレミアムおまかせオート」では、新たにペット認識が可能になった。犬や猫を認識すると、シャッター速度やISO感度を調整し、ピントの合った撮影ができるという。この他、10コマ/秒の連写機能やナイトモードも利用できる。インカメラは800万画素。

 3.5mmイヤフォンジャックを搭載していることに加え、ミッドレンジのXperiaとしては初めて、有線イヤフォンやワイヤレスイヤフォン利用時でも、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE Ultimate」をサポートしている。

 プロセッサはSnapdragon 690 5G、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備えている。なお5GはSub-6のみ対応し、ミリ波には対応しない。重量は169g。

 純正アクセサリーとして「Style Cover with Stand」を用意しており、本体色に合わせた4色から選べる。抗菌素材によりコーティングを施しており、ソニーの独自基準をクリアした耐久性を確保。横置きを可能にするキックスタンドも付いている。