ナビタイムジャパンは、4月26日にAIとARを搭載したAndroid向けドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」へ踏切・急カーブ前の注意喚起を追加した。

 本アプリは通常のドライブレコーダー機能の他、AI・ARを活用したリアルタイム画像解析や直観的な注意喚起で交通違反や危険な運転を抑制し、安全運転を支援。思いやりのある運転をAIでリアルタイムに判断して「HAPPY DRIVEポイント」を付与し、ためたポイントで景品抽選へ応募ができる仕組みも搭載する。

 これよりARでの注意喚起に踏切での一時停止案内と、急カーブ手前での注意喚起を追加。ARで踏切や急カーブ地点までの距離を表示し、一時停止やスピードの減速を促す。また、踏切での一時停止や安全な速度で急カーブを通過したと判定された場合にHAPPY DRIVEポイントが付与される。

 さらに、HAPPY DRIVEポイントの付与条件へ新たに「進路変更時の道の譲り合い」を追加する。