米Appleは5月24日(現地時間)、「iOS 14.6」をリリースした。4月のスペシャルイベントで発表したPodcastアプリでのサブスクリプション対応などの新機能が追加される。この機能は、同日配信の「iPadOS 14.6」「watchOS 7.5」「macOS Big Sur 11.4」でも利用可能になる。

 Appleが紹介した新機能は以下の通り。

Podcastのサブスク対応

 チャンネルまたは個別の番組のサブスクリプションに対応する。

 Podcast提供者がサブスクリプション版を提供していると、番組情報ページに「サブスクリプションに登録」ボタンが表示されるので、これをクリックする。

 登録すると、新しいエピソードが公開された時点で自動的に無償でダウンロードされ、そのことを知らせる通知が届く。

AirTagと「探す」のプライバシー改善

 AirTagと「探す」ネットワークアクセサリの紛失モードのオプションとして、電話番号の代わりにメールアドレスを追加できるようになる。また、NFC対応デバイスでタップすると、AirTagが所有者の電話番号の一部を隠して表示するようになる。

アクセシビリティの改善

 音声コントロールを使っているユーザーは、再起動後の初回ロック解除時に、音声のみを使用してiPhoneのロックを解除できるようになる。

5つの問題修正

 以下の問題を修正した。

・Apple Watchで「iPhoneをロック」使用後、「Apple Watchでロック解除」が動作しない場合がある問題

・リマインダーが空白行として表示される場合がある問題

・「設定」で着信拒否の機能拡張が表示されないことがある問題

・Bluetooth端末で、通話中に切断されたり、別の端末に音声が送信されたりすることがあった問題

・iPhoneの起動時にパフォーマンスが低下する場合がある問題

38件の脆弱性修正

 悪用されるとユーザーデータを盗まれたり、悪意あるコードを実行されたりする可能性のある38件の脆弱性を修正した。前回のアップデートのような、「既に悪用された可能性のある脆弱性」は今回はない。