既報の通り、2021年7月から公的制度としての「電話リレーサービス」が始まる。一定条件を満たす電話事業者は、割り当てられた電話番号数に応じて負担金である「電話リレーサービス料」を負担する必要がある。

 6月1日、携帯電話事業者が相次いで電話リレーサービス料の負担に関する方針を告知した。この記事では、各社における電話リレーサービス料の動向をまとめる。

●NTTドコモ

 NTTドコモでは、ユーザーに電話リレーサービス料の負担を求める。2021年度は2021年7月〜2022年1月利用分(2021年8月〜2022年2月請求分)において、1電話番号当たり毎月税込み1.1円が加算される。

 具体的な請求対象のサービスは以下の通り。

・5G/Xi/FOMAサービス(「020」で始まる電話番号を除く)

・マルチナンバーサービス

・「2in1」のBナンバー

・ワイドスター(衛星電話)

・オフィスリンク

・ボイスミーティングサービス

・ドコモ光電話(追加番号も請求対象)

●KDDI/沖縄セルラー電話

 KDDIと沖縄セルラー電話では、ユーザーに電話リレーサービス料の負担を求める。2021年度は2021年7月〜2022年1月利用分(2021年8月〜2022年2月請求分)において、1電話番号当たり毎月税込み1.1円が加算される。

 主な請求対象のサービスは以下の通り。

・au/UQ mobile/povoの携帯通信サービス(「020」で始まる電話番号を除く)

・各種固定電話サービス(IP電話サービスを含む)(※1)

(※1)「auひかり電話」や「ケーブルプラス電話」は、申し込み先のプロバイダーまたはCATV事業者を経由して請求(au one net契約者はKDDIから請求)

●ソフトバンク

 ソフトバンクでは、ユーザーに電話リレーサービス料の負担を求める。請求方法は、契約している通信サービスによって異なる。

ポストペイサービス

 月額料金を後払いする(ポストペイ)通信サービスは、他社と同様に2021年度は2021年7月〜2022年1月利用分(2021年8月〜2022年2月請求分)において、1電話番号当たり毎月税込み1.1円が加算される。

 対象となるポストペイ通信サービスは以下の通り。

・ソフトバンク(※2)/Y!mobile/LINEMOの携帯電話サービス(「020」で始まる電話番号を除く)(※3)

・各種固定電話サービス(IP電話サービスを含む)(※4)

(※2)プリペイドプランは対象外(※3)初回請求時は「ユニバーサルサービス料」と合算請求(※4)2021年度はユニバーサルサービス料と合算して請求

プリペイドサービス

 ソフトバンクブランドの「シンプルスタイル」(プリペイド式携帯電話)では、残高をリチャージ(補充)するタイミングで電話リレーサービス料が請求される。2021年度は、2021年7月7日〜2022年3月31日に実行したリチャージ分について、リチャージ1回当たり3円がユニバーサルサービス料と共に残高から引き去られる。

 ただし、「無料チャージ」付きのシンプルスタイルプランを契約(購入)した場合は、以下の電話リレーサービス料を契約時に別途支払う必要がある。

・4000円付きプラン、5000円付きプラン:3円

・1万円付きプラン:6円

●楽天モバイル

 楽天モバイルでは、ユーザーに電話リレーサービス料の負担を求める。2021年度は2021年7月〜2022年1月利用分(2021年8月〜2022年2月請求分)において、1電話番号当たり毎月税込み1.1円が加算される。

 ただし、「Rakuten UN-LIMIT VI」契約者のうち、以下のいずれかの条件に当てはまる場合は電話リレーサービス料が無料となる(楽天モバイルが負担する)。

・「プラン料金1年間無料キャンペーン」を適用中

・「プラン料金3カ月無料キャンペーン」を適用中

・月間データ通信量が1GB以下となり、請求金額が「0円」となった月(1名義1契約限定)

ユニバーサルサービス料の請求も開始

 電話リレーサービス料の請求開始に伴い、同社は7月利用分(8月請求分)から「ユニバーサルサービス料」の請求も開始する。ただし、電話リレーサービス料と同様に、Rakuten UN-LIMIT VI契約者のうち、以下のいずれかの条件に当てはまる場合は請求されない(楽天モバイルが負担する)。

・「プラン料金1年間無料キャンペーン」を適用中の契約

・「プラン料金3カ月無料キャンペーン」を適用中の契約

・月間データ通信量が1GB以下で請求金額が「0円」となった契約(1名義1契約限定)