2021年はドコモの「ahamo」が月額2970円(税込み、以下同)で通信量20GBのプランを開始。対抗としてauの「povo」やUQ mobile、ソフトバンクのY!mobileや「LINEMO」も対抗の低価格プランを開始した。また、楽天モバイルや格安SIMのMVNO各社も価格の改定や5G対応などでサービスを強化している。

 そこで気になるのが通信速度だ。「安い代わりにネットが遅いのでは?」「昼の12時台に遅いことはないか?」「5Gで速度が出る?」と疑問に思う人はいるだろう。

 そこで今回、筆者が契約中の各社11プランで速度テストを実施した。最新の低価格プランは4Gや5Gで快適に通信できるのか。テスト結果から現在の状況を見ていこう。

●4G/5Gの通信速度を、混雑する昼の時間帯にチェック

 テストの概要だが、今回は「通信の利用が多い昼の12〜13時台に、プランの制限や通信の混雑により通信速度が極端に遅いサービスがないかを調べること」を目的としている。

 スピードテストは現在主流の4G接続と、参考として高速なSub-6エリアの5G接続の両方で実施した。テスト端末はiPhone 12 ProとSpeedtest.netアプリを利用。3回中良好なものを掲載している。テストした通信プランはahamo、povo、LINEMOやサブブランド、格安SIMなど以下の各社11プランだ。測定日は2021年5月26日。

ドコモ回線を利用したサービス

・ドコモ(5Gギガホ プレミア)

・ahamo

・リンクスメイト(5G回線オプション)

・IIJmio(eSIM データプラン ゼロ)

au回線を利用したサービス

・au(使い放題MAX 5G)

・povo

・UQ mobile(くりこしプランM)

・mineo(Aプラン 5G通信オプション)

ソフトバンク回線を利用したサービス

・Y!mobile(シンプルM)

・LINEMO

楽天モバイル回線を利用したサービス

・楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)

 測定場所は東京駅前かつ、電波状況による速度への影響を防ぐためにドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルそれぞれのエリアマップとiPhone 12 Proのピクト表示から、4Gと5G両方の電波環境が良好な場所を探して行っている。

 ただ、5Gについてはエリアマップと実際につながるエリアの正確さについて、各社で大幅な差異が見られた。これはスピードテストの結果ともに触れていく。では、スピードテストの結果を見ていこう。

●ahamoなどドコモ回線のプランをチェック 格安SIMも意外と速い

 ドコモ回線を利用したサービスのテストは、東京駅周辺で4Gと5Gともにつながる京橋周辺で実施した。時間帯は12時台の前半だ。5Gエリアはエリアマップと実際のエリアの差は少なく、快適にテストを実施できた。

 まずは4Gでのスピードテスト結果から見ていこう。

ドコモ回線 4Gスピードテスト(12時10〜30分に実施)

・ドコモ:下り135Mbps 上り7.09Mbps

・ahamo:下り106Mbps 上り9.49Mbps

・リンクスメイト:下り122Mbps 上り10.5Mbps

・IIJmio:下り18.7Mbps 上り11.1Mbps

 ドコモ(5Gギガホ プレミア)とドコモ内ブランドのahamoはともに、100Mbps以上と動画速度も快適な速度で通信できた。ドコモもahamo発表時にネットワークの品質はドコモとahamoで変わらないと明らかにしている。

 格安SIMを提供するMVNOのリンクスメイトだが、混雑する昼12時台にドコモはahamoと同等の100Mbps以上の速度を記録した。これは格安SIMの昼12時台ではあまり見られない速度だ。理由としては、偶然ながらリンクスメイトが5月20日に実施した設備増強の直後にテストを実施した影響とみられる。リンクスメイトが公開する平均速度ともやや乖離(かいり)しており、今後の加入者増加が進めば昼12時台の速度はもう少し遅くなるものと思われる。

 IIJmioは、この中では遅い方だが、10Mbps以上出ているので、SNSやちょっとした動画視聴にも問題ない。なお、通信のピークから外れた昼15時台は下り65Mbps、上り10.7Mbpと速い結果が出た。

 次に5Gでのテストだ。IIJmioはテスト時に5G未対応だったので、テストを実施していない。

ドコモ回線 5Gスピードテスト(12時10〜30分に実施)

・ドコモ:下り380Mbps 上り14.9Mbps

・ahamo:下り401Mbps 上り22.4Mbps

・リンクスメイト:下り183Mbps 上り13.8Mbps

 ドコモとahamoは400Mbps前後の似た速度となった。下りも上りともに、4Gと比べて2〜4倍ほど高速に通信できている。ここ最近は5Gスマホの普及が進んでおり、ビジネス街の昼の12時台だと周りで同時に5G通信を利用する人も増えたことから500Mbpsを超えるような速度は出にくくなってきている。

 一方、リンクスメイトの5Gは183Mbpsで頭打ちとなった。設備増強後といっても昼の12時台はそれなりに利用が集中しており、無線部分が高速な5Gになったことで混雑時の速度の上限が見えたのだろう。なお、通信のピークから外れた15時台に再度5Gテストを実施したところ、下り506Mbps 上り34.7Mbpsという5Gらしい速度を確認できた。

●povoなどのau回線をチェック

 au回線は東京駅の八重洲口で4Gと5Gのテストを実施した。時間帯は12時45分から13時15分あたりだ。5Gエリアはエリアマップと実際のエリアの差は少なく、ドコモと同じく快適にテストを実施できた。

 まずは4Gでのスピードテスト結果から見ていこう。

au回線4Gスピードテスト(12時53〜13時15分に実施)

・au:下り110Mbps 上り16.2Mbps

・povo:下り121Mbps 上り21.2Mbps

・UQ mobile:下り133Mbps 上り13.2Mbps

・mineo:下り16.7Mbps 上り13.7Mbps

 auとau内ブランドのpovo、そして2020年10月にKDDIと統合したUQ mobileはほぼ同等の速度となった。いずれもauの自社回線で提供するサービスなので、3サービスで通信品質に大きな違いはないのだろう。

 一方、格安SIM大手のmineoはMVNOだ。今回テストしたAプランの場合、KDDIから借りた回線設備に対し、どれだけの契約者が同時に利用するかで速度が変動する。mineoは12時55分頃にテストを実施したが、昼12時台の格安SIMでは一般的な10Mbps台の速度となった。SNSや動画視聴にはさほど問題ない速度だ。なお、通信のピークを過ぎた昼15時台に再度測定したところ、下り65Mbps 上り10.7Mbpとより速い結果を確認できた。

 5Gでのテストは、auとmineo(5G通信オプション)で実施した。povoとUQ mobileの5G対応は夏頃予定となっている。

●au回線5Gスピードテスト(12時53〜13時15分に実施)

・au:下り349Mbps 上り86.7Mbps

・mineo:下り17.3Mbps 上り40.3Mbps

 auの5Gは下り349Mbpsなど、4Gと比べて3倍ほど高速だ。同じ5Gエリア内で5Gスマホを利用する人が増えてきたことで速度も落ち着いてきているのだろうが、それでも4G比べて圧倒的に高速だ。

 mineoは昼12時台後半の混雑により、下りは4Gと同等の10Mbps台だが、上りは空いているのか、40.6Mbpsと5Gらしい速度が出た。なお、通信のピークが過ぎた15時台に再度測定したところ、下り332Mbps 上り70.6Mbpsと5Gらしい速度を確認できた。

●ソフトバンク回線をチェック、Y!mobileとLINEMOに違いはほぼなし

 ソフトバンク回線は東京駅の八重洲口で4Gと5Gのテストを実施した。時間帯は13時20〜45分あたりだ。テストした回線はY!mobileとLINEMOのみとなる。

 今回のテストではこのソフトバンク回線のテストのみ、5Gで高速なSub-6エリアが公開されているエリアマップ(ソフトバンクがSoftBank 5G<3.7GHz>と表記しているエリア)と、実際に5G通信が可能なエリアが大幅に乖離していることが確認された。

 そこでソフトバンクのみ、前日に半日ほどエリアマップでは全てカバーしているはずの東京駅〜日本橋〜京橋あたりのエリアで、5GのSubー6での高速通信が実際につながる地点を探し、八重洲口近辺でスポット的なエリアを見つけた上でテストした。外出先で5Gの高速通信を利用したい人にとって5GのSubー6エリアの情報は重要なだけに、他社並みの信頼できるエリアマップの提供を願いたい。

 まずは4Gでのスピードテスト結果から見ていこう。

ソフトバンク回線4Gスピードテスト(13時15〜45分に実施)

・Y!mobile:下り51.3Mbps 上り15.8Mbps

・LINEMO:下り64.4Mbps 上り11.3Mbps

 Y!mobileとLINEMOの両サービスとも、ソフトバンクが自社の回線設備で提供するサブブランドだ。昼の12時台をやや過ぎているが、50〜60Mbpsの通信が可能だった。参考だが、別途昼の12時台にテストしても速度の低下は見られなかった。

 5Gのテストも実施した。Y!mobileは2021年2月から5Gに対応し、LINEMOは当初から5Gに対応している。

ソフトバンク回線5Gスピードテスト(13時15〜45分に実施)

・Y!mobile:下り554Mbps 上り75.9Mbps

・LINEMO:下り665Mbps 上り84.4Mbps

 両サービスとも、5GのSub-6で通信が可能な数少ないスポットを探しただけに、空いている5Gらしい良好なテスト結果となった。両サービスとも、5G Sub-6のエリア内で電波環境の良好なスポットなら、5Gらしい高速通信を利用できるといっていいだろう。

●楽天モバイルをチェック、全国展開開始の5Gもテスト

 楽天モバイルの回線設備は、今のところ自社サービスでしか利用されていない。このため、テストも1社1プランのみだ。テストは東京駅前の八重洲通りの5Gエリアで実施した。

楽天モバイル回線4Gテスト(12時35〜50分に実施)

・楽天モバイル:下り39.9Mbps 上り35.0Mbps

 昼の12時台でも40Mbps近くと、SNSはもちろん動画視聴でも快適な通信速度となった。最大通信速度がドコモ、au、ソフトバンクより若干だが遅めなのは、月額3278円で通信量無制限というお得なプランを提供している点も影響しているのだろう。

楽天モバイル回線5Gテスト(12時35〜50分に実施)

・楽天モバイル:下り223Mbps 上り63.4Mbps

 次に、春から全国各地でサービスを開始しつつある5Gだ。八重洲通りでスポット的に展開している5Gエリアへ向かったところ、待ち受け画面のピクト表示はエリアマップ通り5Gに切り替わる。だが、実際に5Gでの通信も可能だったのはエリアマップの中心部に限られた。これは5G開始当初のドコモやau、ソフトバンクでも見られた挙動なので、今後の安定した接続に期待したい。スピードテストはもう少し下り速度がでても良さそうだが、5Gらしい高速な結果となった。

●大手4社のサービスは高速だが、格安SIMの魅力も増している

 結果をまとめると、ahamo、povo、LINEMOや楽天モバイルといった話題のサービスの他、Y!mobileやUQ mobileは4G/5Gの対応状況に違いはあるが、昼の12〜13時ごろでも高速通信が可能なことを確認できた。自社でモバイルネットワークを構築しているドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルが提供するサービスは、エリアや電波の入りに問題がなければおおむね快適な速度で通信できると考えていいだろう。

 一方、格安SIMを提供するMVNO各社は、借りている回線設備の範囲内で通信のピーク時間帯となる昼の12時台は10Mbps台に落ちることが多い。だが、10Mbps台ならSNSや動画サービスも快適に利用でき、通信のピーク時間帯を避ければ5Gを生かすほどの高速通信が可能なことも確認できた。数年前と比べ、通信環境は改善されているといえる。

 昼の12時台の休憩という時間縛りがない人なら、MVNOサービスの多くが月額2000円台前半で通信量20GBと、ahamoより安いため魅力的だ。格安SIMなら留守番電話や低価格な通話料金を提供している事業者も多い。テレワークで昼間は自宅の光回線を使っている人にとっても魅力的といえる。

 ここ最近はahamoなど低価格帯プランが話題だが、通信速度に関しても特徴を把握すれば格安SIMも含めてより最適なプラン選択が可能になるだろう。その一助になれば幸いだ。