Appleが「iOS 15」と「iPadOS 15」のパブリックβ版を配信開始した。

 パブリックβテストに参加するには、手持ちの「Apple ID」を使ってAppleのWebサイトから「Apple Beta Software Program」に登録し、秘密保持契約(NDA)を含む「Apple Beta Software Program契約」に同意する必要がある。パブリックβ版はAppleから特別な許可を得ない限り、画面(スクリーンショットを含む)を撮影した写真や動画を共有することは禁止されているので注意したい。

 インストール前にはiPhoneやiPadをPCに接続して、FinderまたはiTunesを使ってデータをバックアップする必要がある。その後、対応デバイスからプロファイルをインストールし、iOS 15やiPadOS 15にアップデートする。ユーザーはホーム画面からアクセスできる「フィードバックアシスタント」アプリからフィードバックを送信できる。

 iOS 15ではビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、Apple製以外の端末でも利用可能になる他、指定した日時に他ユーザーを招待できるようになる。通知や利用アプリを絞り込める「集中モード」も新たに用意する。

 iPadOS 15ではマルチタスク機能がより直感的になり、一度のタップでSplit ViewやSlide Overが使える。iOS 14で可能になった、ウィジェットをどこにでも配置できる機能がiPadOSにも追加される。

 いずれも正式版のリリースは2021年秋を予定している。