ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2021年6月28日から2021年7月4日までの1週間について集計し、まとめました。

 今回のアクセス数の1位は、NTTドコモの「dカード」のキャンペーンを知らせる記事でした。2位はオプテージのMVNOサービス「mineo(マイネオ)」の料金プランに関するインタビュー記事でした。

 オプテージは2月からmineoの料金プランを改定し、利用する回線(キャリア)を問わず同一料金としました。さらに、6月からは、月額385円を追加するとmineo(速度)スイッチをオフにした際の通信速度が上下最大1.5Mbps(理論値)に高速化される「パケット放題 Plus」を提供し始めました(※1)。

(※1)10GB以上のコースを利用している場合は、追加料金なしで利用可能(申し込みは必要)

 トライアル提供時は1Mbpsと1.5Mbpsの2通りで試行されましたが、わずか500kbpsの差でも快適さに差が出るということで後者になったようです。確かに、上下最大1.5Mbpsほど出ればストリーミング動画以外は案外快適に使えます。いいところを狙ったサービスだと思います。

 ただし、直近3日当たり10GB以上通信した場合は、mineoスイッチのオン/オフを問わず通信速度が上下最大200kbpsに制限される場合があります。自宅に固定インターネット回線がある人なら、この制限に抵触することはめったにないと思いますが、念のために気を付けてください。

 ランキングの4位には、ビッグローブが新たにスタートするMVNOサービス「donedone(ドネドネ)」に関する記事が入りました。

 donedoneは従来の「BIGLOBEモバイル」と並行して提供されるサービスで、以下のような特徴があります。

・月間50GBまで高速データ通信が利用できる(速度上限はプランによって異なる)

・月間容量を超過した場合も上下最大1Mbpsで通信できる

・1回線当たり50円が社会貢献団体に毎月寄付される

 名前の通り「doneate(寄付)」できることが従来のサービスにはない特徴ですが、SNS上の反応を見ると、データプランとして用意される「エントリー」に注目が集まっています。このプランは通信速度が上下最大128kbpsに制限される代わりに、月額料金無料で利用できるからです。

 一味違うMVNOサービスを使ってみたい、という人はぜひチェックしてみてください。

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2021年6月28日〜2021年7月4日

1. ドコモ、7月1日から総額1億円還元キャンペーンを開催 dカード会員が対象

2. 新料金プラン「マイピタ」が好調のmineo 1.5Mbps使い放題のサービスに踏み切った狙いは?

3. 「AQUOS R6」はどんな人向け? 「ライカ」「1型センサー」のカメラを徹底検証する

4. ビッグローブ、新MVNOブランド「donedone」発表 月額2728円で50GB、速度は1〜3Mbps

5. 買い替えは「iPhone 12」がベスト! 12 Proを買った筆者が後悔した理由

6. 「楽天モバイル 郵便局店」ってどんな感じ? 見に行ってみた

7. ahamo、所有端末で乗り換えるとdポイントを7000ポイント還元

8. OPPO「Reno5 A」の対抗馬に Xiaomi「Mi 11 Lite 5G」の実力と狙いを検証する

9. NTT株主が経営陣に「夢のある話をして欲しい」と苦言 ――NTTによるNTTドコモ完全子会社で失われたもの

10. 物量よりも“ブランド重視” 中国スマホのトップグループをキープするOPPO