7月1日に、「iOS 15」のパブリックβ版の配信が始まった。あくまでβ版ではあるものの、パブリックと銘打っているように、開発者だけでなく、一般のユーザーも簡単な登録作業を済ませるだけで、手持ちのiPhoneにインストールしてiOS 15を先行的に利用できる。Appleに対してフィードバックを送ることも可能だ。β版ゆえにバグも残っているため、万人にオススメすることはできないが、機種変更前のiPhoneが手元にあったり、予備のiPhoneを持っていたりする人が試してみるのはいいだろう。

 iOS 15は、シーンにごとに合わせた通知の制限を可能にする「集中モード」や、WindowsやAndroidを使うユーザーとのやりとりが可能になったFaceTime、ユーザーインタフェースを刷新したSafariが目玉といっていいだろう。他にも、メモアプリの改善やメールのプライバシー保護の強化、デバイス上で完結するSiriなどもiOS 15の新機能だ。こうした新機能は実際にどういうふうに使えるのかを紹介していきたい。なお、本来パブリックβ版は画面の公開が禁止されているが、本稿では取材に基づく特別な許可を得た上で掲載している。

●AndroidやWindowsのユーザーとも会話できる新FaceTime、Zoom対抗になるか

 “Zoom対抗”として話題を集めたのが、FaceTimeの新機能だ。iOS 15ではFaceTimeが「URLの発行」に対応し、メールやメッセンジャーで共有することが可能になった。もともとは相手を識別するためにApple IDが必要だったFaceTimeだが、iOS 15ではURLさえ届いていれば会話に参加できる。ただしURLを受け取った相手が必ずしもiPhoneやiPad、Macを使っているとは限らない。そこでAppleは、FaceTimeをブラウザに対応させ、AndroidのスマートフォンやWindowsのPCからもアクセスできるよう、対象端末を拡大した。

 URLの発行にはiPhoneやiPad、Macが必要だが、招待される側のデバイスは問わない。デバイスが限定されているため、複数のユーザーが参加する会議などの用途に使いづらかったがFaceTimeだが、iOS 15ではそれが解消された格好だ。実際、iPhoneでURLを発行して、AndroidとWindowsそれぞれからアクセスしてみたが、どの端末でも特に問題なく利用できた。iPhoneを持っていながら、PCはWindowsというユーザーが、FaceTimeにデスクトップPCから参加する際にも役立ちそうな機能だ。

 ただし、iOS 15で実装された背景ボカシや、ミー文字に顔を変える機能などには非対応。画面共有ができるのも、iOS 15でFaceTimeを実行している場合のみになる。友人同士の会話や、簡単な打ち合わせにはいいかもしれないが、画面共有ができないと込み入ったビジネスミーティングには使いづらい。このような用途や機能が必須という場合は、iOS 15同士でFaceTimeをするか、Zoomなど、別のツールを使った方がいいだろう。ビデオ会議アプリのWebinarのように、1対多の配信ができるわけでもないため、完全に代替できるわけではない点には注意したい。

 逆に、iOS同士であれば画面共有はスムーズにできた他、Apple Musicを一緒に聞いたり、映画を複数人で見たりといった使い方ができる。“Zoom対抗”として注目を集めたFaceTimeだが、ビデオ会議アプリより、ややプライベート寄りの使い方に向いている印象も受ける。ビジネスツールとして登場したZoomと、ユーザー同士の電話の延長線上で進化してきたFaceTimeの違いが出ている部分だ。iPhoneやiPad、Macを起点としていることからも分かる通り、サービスのマルチプラットフォーム化というより、FaceTimeそのものの利便性を上げる取り組みといえる。

●ホーム画面のカスタマイズまで可能な「集中モード」

 集中モードも、iOS 15で注目しておきたい新機能の1つだ。iOS 14までのiOSにはおやすみモードが搭載されていたが、この機能を拡張。おやすみモードも、集中モードの中の1つのシーンに含まれるようになっている。こうした経緯があるため、呼び出し方はおやすみモードと同じで、コントロールセンターのボタンを押す。iOS 14まではワンタップでよかったが、iOS 15では2階層目ができ、どのシーンを適用するかを選択する仕組みだ。

 シーンごとのカスタマイズをより細かく行えるようになったのも、集中モードの特徴。標準では、「パーソナル」や「仕事」「睡眠」といったシーンが用意されているが、ユーザー自身で新たなラベルを設定することができる。ユーザーが追加できるのは、「ゲーム」「フィットネス」「読書」「運転」の4つだが、「カスタム」を選んで自分専用のシーンを作ることも可能だ。例えば「ゲーム」を選ぶと、ウィザードに沿って選択肢を選ぶだけで、ワイヤレスコントローラーを接続した際に自動でオンになるように設定できる。

 集中モードは、設定した時間帯や場所に応じてオンにできる他、特定のアプリを発動の条件にすることが可能。ゲームや動画アプリなどを起点に、自動的に有効にできるというわけだ。また、「スマートアクティベーション」を使えば、位置情報やアプリの利用状況に応じて自動的にオンになる。コントロールセンターから都度、オン・オフを切り替えるのが面倒というときには、こうした設定を活用するといいだろう。

 単に通知を制限するだけでなく、ホーム画面の構成をガラッと入れ替えることができるのも、おやすみモードにはなかった集中モードならではの特徴だ。より正確に言うと、集中モードの設定時に、特定のホーム画面だけを表示できるようになる。4画面分設定しておいたホーム画面のうち、「仕事」がオンになったときには2画面目と3画面目だけを表示するといった具合で、ホーム画面を丸ごと入れ替えるようなことはできない。

 ただ、工夫すれば、使い方によってホーム画面全体を入れ替えることも可能だ。1画面目と2画面目に仕事用のアプリ、3画面目と4画面目にプライベート用のアプリ、5画面目にゲームを置いておいたとする。集中モードで「プライベート」がオンになっている場合は、1と2と5だけを表示、「仕事」になっているときには3、4を、ゲームを集中的に遊びたいときには5だけを表示すればいい。Appライブラリの登場に伴い、ホーム画面には同じアプリを複数回配置できるようになったため、シーンに応じたホーム画面を作っておき、必要に応じて集中モードで呼び出せばいいというわけだ。

●タブのグループ化に対応してUIを一新したSafari、プライバシー保護も強化

 iOS 14でホーム画面上にウィジェットを配置できるようになり、ユーザーインタフェースが大きく変わったiOSだが、iOS 15ではこうした見た目の変化は少ない。アップデート終了直後に画面を開いても、すぐに違いが分からないほどだ。一方で、Safariを開くとまったく別物といえるほど、操作性が変わっている。

 すぐに分かるのが、URL/検索ワード入力欄や「戻る」「進む」「共有」といった各種ボタンが、画面下部のバーにまとめられていることだ。iOS 14までのSafariと比べ、片手持ちでも指が届きやすく、圧倒的に操作しやすくなった。これは、iPhoneの大画面化に伴う変化の1つといえそうだ。

 タブのグループ化も、iOS 15のSafariに導入された新機能。同様の機能はAndroidのChromeにも搭載されていたが、Safariは、グループ化したタブをコピーして他のユーザーに共有できるなど、ブックマーク的な使い方が可能だ。同じタググループの中にあるページは、URL/検索ワード入力欄を左右にフリックするだけで、簡単に切り替えることができる。親指のフリックで次々とページを切り替えていける操作感は気持ちがよく、必要なサイトにすぐにたどり着ける。現時点では試せていないが、MacのSafariと同じWeb拡張機能にも対応し、機能性も向上する見込みだ。

 Appleが得意とするプライバシー保護も、iOS 15ではさらに強化されている。「メールプライバシー保護」の一環として、IPアドレスを非公開にすることが可能。機械学習の処理能力を生かし、Siriはオフラインで実行できるようになった。ただし、後者のオフラインでのSiriは、パブリックβ版ではまだ利用できなかった。パブリックβ版には一部の機能が実装されていないことがあるため、今後に期待したい。また、新たに登場する「iCloud+」でもプライバシー保護機能が強化され、サイトなどに会員登録する際に、ランダムなメールアドレスを生成できるようになる。

 この他、メモがタグ付けに対応したり、天気予報のデザインが一新されたり、「探す」や「Game Center」のウィジェットが増えたりと、さまざまな機能が強化されている。実際に使ってみた印象では、iOS 14で刷新されたユーザーインタフェースを受け継ぎつつ、その上に乗るそれぞれの標準アプリをブラッシュアップしたOSだと感じた。Safariや集中モードのように、主要かつ利用頻度の高いアプリや設定が大きく進化しているため、使い勝手がよくなることは間違いない。秋に配信される正式版の世界観にいち早く触れてみたい人は、バックアップを取った上でインストールしてみてもいいだろう。